Futsal News Soccer News

明治大学が2年ぶり2度目の優勝!/総理大臣杯

[2018/09/11 Tue]

 9日、2018年度 第42回 総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント 決勝戦がキンチョウスタジアム(大阪市)で行われた。

 7年ぶりの優勝を狙う大阪体育大学と昨年に続きファイナリストとなった明治大学の一戦。立ち上がりから、大阪体育大学が高い位置でボールを奪い、優勢に試合を進める。しかし、何度もチャンスを作るもののフィニッシュを決めることができない。すると、次第に明治大学も徐々にリズムを掴みだし、一進一退の攻防となる。そして41分、とうとう均衡が崩れた。ボランチ安部柊斗がシュートを放つと、一度は相手DFに跳ね返されるものの、こぼれ球を安部自身が左足でゴールに押し込んだ。明治大学が安部の2試合連続ゴールで先制し、前半を終えた。

 後半はリードする明治大学ペースで試合が進む。すると、反撃に出たい大阪体育大学が前のめりになったところに明治大学がカウンターを仕掛ける。77分、相手CKをクリアしてカウンターをスタートすると、最後はDFがクリアしたボールを拾った佐藤凌我が右足一閃。明治大学が貴重な追加点を奪った。大阪体育大学は最後まで諦めず、センターバックの菊池流帆を前線に上げてパワープレーに出るも、明治大学が集中したディフェンスでゴールを死守して0-2で試合終了。

 4年連続で決勝進出の経験をもつ明治大学が、冷静に試合をコントロールし、2年ぶり2回目の優勝を手にした。

----------
【スコア】
大阪体育大学 0-2 明治大学

【得点者】
0-1 41分 安部柊斗(明治大学)
0-2 77分 佐藤凌我(明治大学)

 一覧に戻る


INFO.