Futsal News Soccer News

ロベカルの衝撃!!2ゴールを挙げてF選抜を勝利に導く! / Fリーグ

[2018/09/12 Wed]

 Fリーグ・ディビジョン1は9日、大阪セントラルの3日目を迎え、第3試合ではFリーグ選抜とヴォスクオーレ仙台が対戦した。元サッカーブラジル代表DFロベルト・カルロスの1試合限りの現役復帰で注目を集めた一戦は、ロベルト・カルロスの2ゴールでF選抜が2-1で勝利している。

 前日、名古屋に敗れていたF選抜は、GKを山田正剛から坂桂輔に変更。注目のロベルト・カルロスはベンチスタートで試合に臨んだ。

 勝ち点12の仙台と勝ち点11のF選抜、順位の近いもの同士の試合は拮抗した。それを破ったのが、ロベルト・カルロスだった。Fリーグ選抜がゴール前でチャンスを作っていた時間帯の前半16分。二度目の出場を果たすと、最前線へ駆けあがる。FP斎藤日向がロングボールを入れると、これをコントロール。左足でシュートに持ち込むと、これが決まってFリーグ選抜が1点をリードした。
そのまま前半が終わるかと思われた前半残り1秒、仙台は最後方からFP荒牧太郎がロングボールを入れる。これをゴール前でFP堀内迪弥が頭で合わせ、1タッチシュート。これがGK坂の守るゴールを割り、1-1で前半は終了した。

 後半も、ロベルト・カルロスはベンチスタート。2分、仙台は荒牧のパスを受けたFPマルロンがゴールを狙うが、わずかに左へそれていった。

 再び試合を動かしたのは、ロベルト・カルロスだった。後半9分にピッチに投入されると、中央からボールを運ぶ。背後から仙台の選手に寄せられる前に左足アウトサイドでパス。これを受けたFP北野聖夜が縦に仕掛け、ゴール前に浮き球のクロスを入れるとそこにロベルト・カルロスは右足を合わせる。これが決まって、F選抜が2-1とリードした。

 残り4分を切ると、仙台はパワープレーを開始。しかし、F選抜は最後まで仙台の猛攻をしのぎきり、勝利を収めている。

以下、仙台戦後のロベルト・カルロスのコメント
――試合前の円陣では、どのような話をしていたのですか?
ロベカル 常に勝たなければいけないという義務について話しました。そして、怖がらないということです。フットボールをしながら、楽しまなければいけません。本当にその通りのことが起こったと思っていますし、非常にうれしいです。日本に来ることができたことについて、大きな喜びに包まれています。人生でも指折りの楽しいひと時を過ごさせていただきました。
――キャリアで2本目の右足でのゴールということでしたが、最初の右足でのゴールは覚えていますか?
ロベカル かなり昔のことですね。いつかは覚えていませんが、レアル・マドリー時代にバスコ・ダ・ガマと対戦した試合です。
――今日の2ゴールを振り返ってもらいたいのですが、タッチ数が少ない中でゴールを決めました。
ロベカル そうですね。こういう試合では、試合に慣れている若い選手たちが走り回らなければいけません。試合の分かれ目に自分が入りました。それぞれが役割を果たし、みんなで勝つことができました。当然、毎日彼らと練習して、毎試合出られていれば、もっと簡単な試合運びができると思います。でも、良かったと思います。
――2点目については、走りあがってきたのは「パスが来る」と感じていましたか?
ロベカル 自分が何をすべきかはわかっています。多分ゴールに向かってシュートすれば、決められると思っていました。2枚あがっていたので、パスを出して、FWのような嗅覚を示せました。
――2ゴールには満足していますか? もっと多くの得点を見せたかったですか?
ロベカル ゴールを決められたことよりも、チームメイトと練習が少なかったのであまりプレーできなかったのが残念でした。一緒に練習していたら、もっと出られていたと思います。でも、本当に貴重な経験になりました。
――会場にいた日本のファンの熱は感じましたか?
ロベカル はい。素晴らしかったですね。日本に来るたびに、日本のみなさんに温かくしてもらっています。みなさんに感謝したいと思いますし、近い将来、家族を連れて日本に来たいと思っています。
――それは現役復帰すると捉えていいですか?
ロベカル (苦笑)。まだ、「選手として契約した」という電話は受けていません(笑)。でも、本当にこの場でプレー出来て、本当にうれしいです。センチメンタルな気持ちです。
――日本には在日ブラジル人が17万人いますが、彼らにとってもフットサルは身近な存在ではありません。
ロベカル 今回、日本に来たのはフットサルの普及のためです。世界中でフットサルは重要なものだと捉えられているので、日本でもそうなってほしいと願います。今日を境に、もっとフットサルが広がってほしいと思います。どんどんプレーもしてほしい。「45歳のロベカルがプレーできるなら、誰でもできるじゃないか」と思ってほしいです。
――素晴らしいチームメイトとやりやすかったということでしたが、若い選手たちにどういう未来を感じましたか?
ロベカル 今のレベルをキープしていけば、もっとハイレベルな選手になると思います。『ロベルト・カルロスが来て、今日の試合は勝った!』と満足しないでください。常に勝つことにどん欲にならないといけません。私はこれを、日本のサッカー選手にも送りたいと思います。日本は、常に勝つことを目指さないといけません。
――今日は1試合限定で復帰しましたが、今後はどのようなことをやっていきたいですか?
ロベカル 現場が好きなので、監督業をやりたいです。先ほど、選手としてのオファーがないという話をしましたが、監督になってほしいという電話ももらっていません(笑)。ただ、私は今、レアル・マドリーでワールド・アンバサダーを務めていますが、この仕事ができて幸せです。ただ、数年前まで監督をやっていましたし、また監督になれる日が来ると思っています。
――いつか再び、日本でフットサルをプレーする可能性はありますか?
ロベカル 来たい気持ちはありますが、45歳の選手というのは簡単なことではありません(笑)。心拍数がすぐに上がってしまうので。でも、日本にくることができ手本当に幸せでした。選手として、もしくは監督として、また戻ってきたいと思います。

以下、先制点をアシストしたFP齋藤日向の仙台戦後のコメント
――ナイスアシストでした。
齋藤 アシストさせてもらいました。
――左足で良いパスでしたね。
齋藤 ボールを運んだとき、本当は(ロベルト・カルロスが)ピヴォの形で降りてきてくれるかなと思ったのですが、奥に引っ張っていったんです。それで『ロングボールを出してみようかな』と思って、出した結果、GKとの1対1をうまく決めてくれたので良かったです。
――ロベルト・カルロスは少ないタッチ数で決めてくれましたね。
齋藤 あの形から得点できるのは、すごく技術が高いなと改めて思いました。
――パワープレーの守備でも出てる時間が長かったです。昨年までの本拠地である大阪での試合ということもあり、齋藤選手にとっても特別だったのでは?
齋藤 昨日の名古屋戦でも、すべてにおいて相手に上回られて、自分たちの力のなさを痛感しました。今日の仙台戦は順位的にも、勝つのと負けるのとでは大きく変わってきます。そういう意味では絶対に勝ちたかったですし、ロベルト・カルロス選手がチームの一員として来てくれていたので、必ず勝利で終わることがチームの約束というか、決まり事でした。勝利で終われたこと、それによって順位も上がったので良かったです。
――何かロベルト・カルロス選手とプレーして、つかめたものはありますか?
齋藤 昨日のエキシビションマッチをホテルで、AbemaTVで見ていたのですが、そのときとは雰囲気が違いましたよね。アップの時から、すごく真剣にアップをしていて、スイッチの切り替え、チームのミーティングのときも「監督の言うことを守る」とか「絶対に勝つ」とか、そういう一つひとつの言葉がトッププレーヤーの言葉だったので、重みがあったというか、心に響きました。
――そういう選手が集まっていたレアル・マドリーってすごいですね。
齋藤 そうですね。それが世界一のチームなんだなとすごく思いました。一つひとつの言葉、自分たちは通訳をとおして聞きましたが、チーム全員の心に響いたと思いますし、このゲームに懸ける思いも、より一層強くなったかなと思いました。
――一緒にやったのはアップくらいですか?
齋藤 そうですね。昨日の試合後にロッカールームに来てくれて、挨拶はしてくれたのですが、そのあとは今朝のミーティングからチームに合流して、アップして、試合でした。そこまで一緒にいる時間は長くありませんでした。でも、ちょっと雰囲気が緩んだときも、ロベルト・カルロスさんが自分の言葉で「今日は絶対に勝つぞ。昨日、負けたんだから、絶対に勝たないといけない」と言ってくれました。自分自身も、あれで引き締まったなというのはあります。
――まだ顔と名前も一致していない状態でしたよね?
齋藤 そうですね。試合中はコミュニケーションもほとんどとっていなかったというか。でも、動いたらパスを出してくれるので、その部分ではロベルト・カルロス選手が合わせてくれている部分もありましたし、自分たちもゲームの流れを読みながら、いいプレーをお互いに出せるようにしていました。言葉ではなかったのですが、プレーで感じながらできた部分はありました。
――アシストの場面も、向こうも出てくるなとわかっていたのですかね。
齋藤 自分としては、その前で降りてきてくれると思ったのですが、違う動きになったので。そこも言葉じゃないですが、自分のプレーとロベルト・カルロス選手のプレーが合った場面で、得点が決まったかなと思います。
――出したら反応してくれたと。
齋藤 そうですね。向こうも多分、もらいたいタイミングではなかったのかなと思うのですが、修正してトラップして、GKの股を抜いて、きれいに決めてくれました。
――チーム内での齋藤選手の序列も、かなり変わりましたね?
齋藤 鬼塚(祥慶)選手がケガをしたタイミングですね。ここ3、4試合はスタートから出させてもらっています。今日もパワープレーのディフェンスをやらせてもらって、少しずつではありますが、自分の中でチームの立ち位置も変わってきていると感じています。鬼塚選手のケガが治って帰ってきたときも、負けないくらいのパフォーマンスを今のうちからやっていかないといけないと思っています。
――シーズン序盤はメンバー外になることもありましたよね。
齋藤 はい。うまくいかないときの方が、自分の中ではいろいろ考えています。そういうときの方が、成長できているので。高校生の時も割と試合にはいっぱい出させてもらっていたので。その意味では今年、同じ年の選手たちが集まっている中で、最初は全然出られなくて。自分の中では苦しみましたが、少しずつきっかけが見えてきました。ここからもっともっと成長していかないといけないとは思っていますけど。
――ちょっと楽しくなってきましたか?
齋藤 楽しくなってきました。もともと大阪のときも3-1のセットでやっていたのですが、このチームは本格的なピヴォの選手がいなくて、4枚で回すことが多い。その部分で少しずつ練習で合わせられるようになってきたのは、コミュニケーションのところも、プレーが合うようになってきたところは、少しずつ成長できているのかなと思います。
――自分がピヴォに入るイメージはありませんか? 相手がちょっと強すぎる?
齋藤 そうですね。あまり体が大きい方ではないので。ただ、新井(裕生)選手とかも、そこまで大きい選手ではないのですが、体を入れるタイミングが合えばキープできると言っていたので。今日の仙台戦でも、GKがもったときとか、長い距離を走ると自然とピヴォの位置にいたりするので。そこでキープできれば、チームにとってもプラスになると思うので、それができるようにはなっていきたいです。

以下、決勝点のアシストをしたFP北野聖夜の仙台戦後のコメント
――この試合いかがでしたか?
北野 まず僕がミスをして、ボールを見ていなくて失点してしまい、同点に追いつかれてしまいました。しかもイヤな時間(前半残り1分)の失点だったのですが、それを全部(ロベルト・カルロスに)助けられたって感じです。本当に冗談抜きで『スターってこういうものか』と思いましたね。
――試合は膠着していました。どっちが先制点を取るかというところがありましたが、ロベルト・カルロス選手は最初に出たとき、かなりボールタッチもおぼつかない感じがありました。厳しいなと見えたのですが、パッと前に行って結果を出しました。
北野 お互いに似たチームで、本当にいつ点が入ってもおかしくなかったし、どちらに転んでもおかしくないゲームで、ゴール前にいるんですよね。すごいです。
――決勝点のゴールシーンは、ロベルト・カルロス選手が運んで……。
北野 アウトサイドでパスが来ました。アップのときに、すごい速いアウトサイドのパスを出していて、しかもあまりこっちを見ずに出していたんですよ。僕はそれを思い出して、カウンターでわざとセグンドに走らず、ちょっとスピードダウンして走ったら、ボールが来たので『マジでアウトサイドで来た!』と思ったんです。それでGKと1対1だったのですが、GKがゴールからだいぶ引き出せていると思ったので、中に入れて、ロベカルさんに『頼む!』っていう感じで入れました。
――角度も厳しく、ちょっとアバウトなパスでしたよね?
北野 そうですね。敵とGKもいたので、かわしてからだったので、浮き球になっちゃいました。あれしかなくて、中に入れたのですが。
――本当は左足を狙いたかった?
北野 もちろん、そうなのですが、右に行ってしまいました。でも、決めてくれて、『マジでありがとう』という気持ちしかないです。
――Fリーグ選抜で2得点していない選手って、いますよね?
北野 僕もまだノーゴールですし、マジかよっていう感覚ですよ。
――得るものはありましたね。
北野 本当にゴール前のああいう落ち着き、プレーの質。そして、彼が円陣の前に言う一言。そういうのも勉強になりました。
――なんて言っていたんですか?
北野 絶対に勝つということですね。みんながちょっと、ロベカルが来て、浮かれている感じがあったんですよ。でも、彼が「勝つためにやるから」って真顔で言って、それでみんなスイッチが入って、『そうだ』っていう感じになったんで、一番重要なことをわかってるんだなと思いました。
――超一流の試合への臨み方を学べたんですね。そして合わせる時間がなかったぶん、アップのときから「どんなプレーをするんだろう」というのは、敏感に感じ取っていたんですね。
北野 そうです。ワンプレー、ワンプレー、ゲンさん(高橋優介監督)を含めて、ほぼ全部みんな見ていたんじゃないですかね。試合が始まる前には、「あのアウトサイド、速いのがくるから、みんなセグンドに突っ込めよ」とか、アウトサイドパスについては結構言っていました。たまたまそれが俺のところに来ただけですが、良かったです。
――このチームの選手たちは、日本代表入りを目的に集まっています。フットサルはまだまだマイナースポーツで、カズさんが代表に入ったりもしました。今後もそういうイレギュラーなことが起きて、パッと合わせないといけないことが、あるかもしれません。そういう経験が積めたのも、今回はプラスになりましたね。
北野 すごく良かったです。これもまた一つ勉強で、すごく良い経験になりました。アップのときも一緒にやらせてもらいましたし、失点したときも、ロベカルが励ましてくれて「ミスを恐れるな」って言ってくれましたね。
――ミスって言うのはどの部分ですか? 最後尾からドーンと蹴られて、ヘディングでしたよね?
北野 僕は相手(堀内迪弥)の前に立っていて、GKと僕の間のところにピンポイントにボールが入るなんて、確率的に低いと思っていたんです。だから、前に来て、左右どちらに来ても良い状態にしてもいいのですが、見えないところからボールが来て、一歩も反応ができなかったんです。
――堀内選手に付ききれなかったという感覚?
北野 いや、僕の感覚ではマークできている感覚だったんです。あえて、相手の前に入っていたので外した感覚はなかったんです。ただピンポイントに合わせられた。
――相手がうまかった部分もあったと。
北野 そうですね。タイミング的には。ただ、そこを突き詰めないといけないですね。
――そこですかさず声をかけ、さらに最年長ゴールとなる記録に残る逆転ゴールも決めてくれたと。スーパースターは、すご過ぎですね……。
北野 こんなことになると思ってもいなかったんですけど、さすがです。
――次は和製ロベカルのゴールですね。
北野 本当に決めたいですよね。あれを目の前で見せられちゃったら、『なんで俺、10試合以上も出ているのに…』って思っちゃいますもん。
――だって出ていた時間、5分ちょっとくらいですよね(※実際は6分強)?
北野 それくらいかもしれませんね。とりあえず、シュートは3本で2点ですよ。決定率もFリーグでずっと1位なんじゃないですかね。さすがだなと感じました。
――またスター選手が来ることになったら、歓迎しますか?
北野 もちろんです。その選手を負けて帰らせるわけにはいかないので、そのために僕たちも全力で戦いますし、みんなで協力してやっていきたいです。
――「負けて帰らせるわけにはいかない」って合言葉があったんですか?
北野 監督が言っていました。「世界一の選手を、負けて帰らせるわけにはいかない」って。あの言葉には僕たちも気持ちが入りましたね。
――世界的スターとプレーして、いろんなことを感じた皆さんのプレー、また期待しています。
北野 ありがとうございます。

 一覧に戻る


INFO.