Futsal News Soccer News

東京Vが試合終了間際の劇的弾で横浜FCを下して決定戦へ!/J1参入プレーオフ

[2018/12/03 Mon]

 2日、J1参入プレーオフ 2回戦が行われ、横浜FCと東京ヴェルディが対戦した。

 明治安田生命J2リーグ3位横浜FCと6位東京Vのこの一戦は、90分を終えて同点の場合はリーグ戦で上位だった横浜FCの決勝進出が決まる。その横浜FCは28分、右サイドからのクロスをイバがヘディングで合わせたが、左ポストを直撃して先制とはいかず。一方、東京Vは61分、ゴール前で得たFKを佐藤優平がゴール左隅を狙う。ここはGK南雄太のファインセーブに阻まれた。スコアレスのままドロー決着かと思われた後半アディショナルタイム、ついにスコアが動いた。右CKをパワープレーに出た東京VのGK上福元直人がヘディングシュートを試みる。このシュートはGK南が阻んだものの、こぼれ球をドウグラス・ヴィエイラが押し込み、アウェイの東京Vが劇的ゴールで先制、このまま0-1で勝利を収めた。

 勝利した東京Vは8日に行われるJ1参入プレーオフ決定戦で明治安田生命J1リーグ16位ジュビロ磐田と対戦する。

ーーーーーーーーーー
【スコア】
横浜FC 0-1 東京ヴェルディ

【得点者】
0-1 90+6分 ドウグラス・ヴィエイラ(東京V)

 一覧に戻る


INFO.