Futsal News Soccer News

11月&12月のJ1月間MVPはファン・ウィジョ!/Jリーグ

[2018/12/06 Thu]

 5日、Jリーグは明治安田生命JリーグMastercard priceless japan 月間MVPを発表した。

 すでに11月のJ2月間MVPは横浜FCに所属するMFレアンドロ・ドミンゲスに決まっており、今回は11月・12月のJ1月間MVPが発表された。

 11月・12月のJ1月間MVPは、ガンバ大阪に所属する韓国代表FWファン・ウィジョが初受賞を果たした。同選手は、11月・12月に3試合出場し、2ゴール1アシストを記録した。そして、9月から11月にかけてリーグ戦9連勝を記録したチームにおいて、絶大な存在感を放ったことが評価され、Jリーグ選考委員会は「進化を続けるストライカーのさらなる活躍を来年も期待したい」と来季以降の活躍にも期待を寄せた。シーズン全体でも、J1リーグ戦27試合に出場して16ゴールで得点ランキング3位に入る活躍を見せた。

 また、11月と12月の月間ベストゴールも発表された。

 11月の月間ベストゴールにはヴィッセル神戸に所属するFWルーカス・ポドルスキ、12月の月間ベストゴールは柏レイソルに所属するFWクリスティアーノのゴールがそれぞれ選出された。

 選ばれたポドルスキのゴールは、11月3日(土)に行われた明治安田生命J1リーグ第31節(対名古屋グランパス)で10分に生まれたゴール。Jリーグ選考委員会は選出理由を「アンドレス・イニエスタとルーカス・ポドルスキのホットラインが生んだ一撃が11月度のベストゴールに選出された。名古屋のペナルティエリアに侵入するポドルスキの動き出しに合わせ、イニエスタが相手の意表を突く絶妙な浮き球を供給。ポドルスキが後ろからくるボールをダイレクトボレーで合わせ、ネットを揺らした。絶妙なコンビネーションでワールドクラスたる所以を見せつけたスーパーゴールが11月度のベストゴールに輝いた。」と説明した。

 また、クリスティアーノのゴールは、12月1日(土)に行われた明治安田生命J1リーグ第34節(対ガンバ大阪)の63分に生まれたゴール。Jリーグ選考委員会は選出理由を「12月度のベストゴールは、柏レイソルのクリスティアーノが9連勝中のガンバ大阪相手に奪ったゴールに決定した。ハーフウェイライン付近でボールを奪ったクリスティアーノは、振り向きざまに右足を一閃。美しい軌道を描いたボールはゴールへと吸い込まれた。誰も予想しなかったタイミングもさることながら、一瞬でゴールマウスとGKの位置を把握した判断の速さと長い距離を正確に射抜いたコントロールに支持が集まり、今年最後の月間ベストゴール賞を受賞した。」と説明した。

 一覧に戻る


INFO.