Futsal News Soccer News

リヴァプールとバルセロナがベスト8進出!/CL2019

[2019/03/14 Thu]

 13日、チャンピオンズリーグ(CL)ノックアウトステージ1回戦(ラウンド16)セカンドレグ2試合が行われた。

 まずは、バルセロナとリヨン。リヨンのホームで行われたファーストレグをスコアレスドローに終わって迎えたセカンドレグは、立ち上がりからスコアが動いた。16分、ルイス・スアレスがペナルティーエリア左でファウルを受けてPKを獲得。このビッグチャンスにキッカーを務めたのはリオネル・メッシ。きっちりと冷静にゴール中央へ蹴りこみバルセロナが先制した。さらに31分、ペナルティーエリア右からのパスをフィリペ・コウチーニョが無人のゴールに流し込みリードを2点に広げて前半を終えた。

 もちろん、リヨンも黙ってはいない。58分、CKの流れからペナルティーエリア中央でリュカ・トゥザールがセカンドボールを胸トラップして右足ボレー。ゴール左隅に叩き込むんで1点差に詰め寄った。ところがバルセロナが突き放す。78分、ペナルティーエリア中央に持ち込んだメッシが相手DF2人をかわして右足シュート。これが決まって再びバルセロナがリードを2点とした。さらに81分、ペナルティーエリア右からの折り返しをジェラール・ピケが押し込み4点目。そして86分、ウスマン・デンベレのダメ押しゴールが決まり、ホームで5-1と快勝を収めたバルセロナが12年連続となるCLベスト8進出を果たした。

 続いてリヴァプールとバイエルン。こちらもファーストレグはお互い譲らずスコアレスドローで終了してセカンドレグを迎えた。26分、ロングボールに反応したサディオ・マネが、飛び出してきたGKを華麗なターンでかわして左足シュート。アウェイのリヴァプールが先制する。すると、バイエルンも反撃に出る。39分、セルジュ・ニャブリがペナルティーエリア右へ突破して強烈なシュートを放つ。これがDFジョエル・マティプのオウンゴールを誘い、バイエルンが同点に追いついて前半を終えた。

 アウェイゴール数で優位に立つリヴァプールは、69分、右CKをファン・ダイクがヘディングで合わせて再びリードを奪う。さらに84分、モハメド・サラーのクロスをマネがヘディングで試合を決める3点目を奪った。2年連続のベスト8進出となったリヴァプールに対して、バイエルンは8年ぶりのベスト16敗退となった。

 準々決勝以降の組み合わせ抽選会は15日に行われる。

----------
■ラウンド16 結果
ドルトムント(ドイツ) 0-1(2試合合計0-4) トッテナム(イングランド)
レアル・マドリード(スペイン) 1-4(2試合合計3-5) アヤックス(オランダ)
ポルト(ポルトガル) 3-1(2試合合計4-3) ローマ(イタリア)
パリ・サンジェルマン(フランス) 1-3(2試合合計3-3) マンチェスター・ユナイテッド(イングランド) ※アウェイゴール数
ユベントス(イタリア) 3-0(2試合合計:3-2) アトレティコ・マドリード(スペイン)
マンチェスター・シティ(イングランド) 7-0(2試合合計:10-2) シャルケ(ドイツ)
バルセロナ(スペイン) 5-1(2試合合計:5-1) リヨン(フランス)
バイエルン(ドイツ) 1-3(2試合合計:1-3) リヴァプール(イングランド)

----------
■ベスト8
トッテナム(イングランド)
アヤックス(オランダ)
ポルト(ポルトガル)
マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)
ユベントス(イタリア)
マンチェスター・シティ(イングランド)
バルセロナ(スペイン)
リヴァプール(イングランド)

 一覧に戻る


INFO.