Futsal News Soccer News

広島はホームで2連勝!川崎はアウェイで完封負け.../ACL2019

[2019/04/11 Thu]

 10日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019 グループステージ第3節が行われ、サンフレッチェ広島はホームで大邱FC(韓国)と、川崎フロンターレはアウェイで蔚山現代(韓国)と対戦した。

 まずは広島の試合から。10分、ペナルティーエリア内で野上結貴がファウルを受けて広島がPKを獲得する。ここでキッカーを務めたドウグラス・ヴィエイラはGKに触られながらもゴール左へときっちりと蹴り込み、広島が先制した。さらに26分、渡大生が左サイドから切れ込み右足を振り抜く。シュートは右ポストに当たりながらゴールネットを揺らし、貴重な追加点を奪い、前半を終えた。

 後半、広島は追加点こそなかったものの相手の反撃を許さないディフェンスで、2-0で試合終了を迎えた。

 続いて川崎。26分、レアンドロ・ダミアンの落としから家長昭博がゴール前でチャンスを迎えるもシュートが枠を捉えきれない。すると34分、谷口彰悟が負傷し、交代を余儀なくされる。代わりには奈良竜樹がピッチに登場した。何とか前半はスコアレスで終えた。

 後半も一進一退が続く中、スコアレスで迎え、このままドロー決着かと思われた後半アディショナルタイム、右サイドからのクロスをニアでキム・スアンがヘディングで合わせ、値千金の先制ゴールを決めた。

 次節、広島は23日(火)にアウェイで大邱FCと、川崎は同日にホームで蔚山現代と対戦する。

----------
【スコア】
サンフレッチェ広島 2-0 大邱FC

【得点者】
1-0 10分 ドウグラス・ヴィエイラ(広島/PK)
2-0 26分 渡大生(広島)

----------
【スコア】
蔚山現代 1-0 川崎フロンターレ

【得点者】
1-0 90+1分 キム・スアン(蔚山現代)

 一覧に戻る


INFO.