Futsal News Soccer News

川崎はホームで上海上港とドロー...浦和はアウェイで勝利!/ACL2019

[2019/05/08 Wed]

 7日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019 グループステージ(GS)第5節が行われ、川崎フロンターレはホームで上海上港(中国)と、浦和レッズはアウェイでブリーラム・ユナイテッド(タイ)と対戦した。

 まずは川崎。6分、かつての同僚であるフッキに突破されるとGKとの1対1を冷静に決められ、上海が先制する。追いかける展開となった川崎は、13分、ゴール前の混戦から斎藤学の巧みなボールキープ。そして、最後はレアンドロ・ダミアンがゴールを決めて1-1に追いつき前半を終えた。

 後半も一進一退の攻防が続く。66分、クロスボールを谷口彰悟がヘディングで合わせて川崎が逆転する。ところが71分、再びフッキにヘディングシュートを決められ、再び同点とされた。ホームで勝利を目指し、試合終了まで猛攻を仕掛ける川崎だったが、上海の堅いDFを崩せず2-2のまま痛み分けに終わった。この結果、2位上海と3位川崎の勝点差は「1」のままで、川崎のGS突破は最終節の結果次第となった。

 続いて浦和。3分、DFラインの裏に抜け出した興梠慎三がゴール左に流し込んで浦和が先制する。しかし13分、クロスボールをフリーで合わせたペドロ・ジュニオールのゴールが決まり、ブリーラムが同点に追いつく。攻める浦和は23分、武藤雄樹の左足シュートがゴール左へ収まり、勝ち越しに成功する。

 後半はお互い精彩を欠き、得点には結びつかず、2-1で試合終了。浦和のGS突破は最終節(対北京国安)との直接対決次第となった。

----------
【スコア】
川崎フロンターレ 2-2 上海上港

【得点者】
0-1 6分 フッキ(上海)
1-1 13分 レアンドロ・ダミアン(川崎)
2-1 66分 谷口彰悟(川崎)
2-2 71分 フッキ(上海)

----------
【スコア】
ブリーラム・ユナイテッド 1-2 浦和レッズ

【得点者】
0-1 3分 興梠慎三(浦和)
1-1 13分 ペドロ・ジュニオール(ブリーラム)
1-2 23分 武藤雄樹(浦和)

 一覧に戻る


INFO.