Futsal News Soccer News

広島は4連勝でグループ首位!鹿島はアウェイで敗れて連敗.../ACL2019

[2019/05/09 Thu]

 8日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019 グループステージ(GS)第5節が行われ、サンフレッチェ広島はホームで広州恒大(中国)と、鹿島アントラーズはアウェイでジョホール(マレーシア)と対戦した。

 まずは広島。15分、思わぬ形で広島が先制する。森島司のCKをニアでリ・ガクホウに当たると、ボールはそのままゴールに吸い込まれ、広島が貴重な先制点をオウンゴールで奪った。その後は一進一退が続き、1-0で前半終了。

 後半、お互いにゴールは生まれず、先制点を死守した広島が1-0で勝利。広島はACL4連勝でグループ首位に立ちGS最終節に臨む。

 続いて鹿島。前半はお互いにチャンスを掴むもフィニッシュが決まらずスコアレスで前半を終えた。

 スコアが動いたのは、69分。シャフィク・アフメドのキレあるカットインにより犬飼智也と永木亮太が交わされ、ペナルティーエリア左から右足の鋭いシュートがゴールネットを揺らし、ジョホールが先制した。追い付くために攻勢を仕掛ける鹿島だが、この日はゴールが遠く、1-0で試合終了。ACL2連敗を喫した。

 次節、広島は22日(水)にアウェイでメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)と、鹿島は同日にホームで山東魯能(中国)と対戦する。

----------
【スコア】
サンフレッチェ広島 1-0 広州恒大

【得点者】
1-0 15分 オウンゴール(広島)

----------
【スコア】
ジョホール 1-0 鹿島アントラーズ

【得点者】
1-0 69分 シャフィク・アフメド(ジョホール)

 一覧に戻る


INFO.