Futsal News Soccer News

U-20日本代表は韓国に敗れて、8大会ぶりの準々決勝進出ならず.../U-20W杯

[2019/06/05 Wed]

 4日、FIFA U-20ワールドカップ ポーランド2019ノックアウトステージ1回戦が行われ、U-20日本代表はU-20韓国代表と対戦した。

 日本は、引いて守る韓国に対してボールポゼッションを高めてチャンスを伺うが、時間だけが経過してなかなかシュートまで持ち込めない。前半はスコアレスで終了した。

 後半に入ると、50分、日本がゴールネットを揺らす。右サイドからのFKから、こぼれ球を郷家友太が蹴りこんだ。ところが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の介入により、直前のプレーでオフサイドがあったと判定されて得点が認められなかった。すると67分、右サイドからのFKをファーサイドでイ・ジェイクがヘディングシュート。ここはGK若原智哉の好セーブでピンチを免れた。一方、日本は71分、78分と韓国ゴールに迫るも、GKの好セーブやポスト直撃などゴールラインを割れない。スコアが動いたのは84分。ペナルティーエリア左で日本のミスを見逃さずボールを奪った韓国は、ゴール前にクロスボールを送る。これをオ・セフンがヘディングで合わせて、とうとう韓国が均衡を破った。

 0-1のまま試合終了を迎え、韓国が3大会ぶりに準々決勝へ進出した一方、日本は8大会ぶりの8強入りを逃した。

----------
【スコア】
U-20日本代表 0-1 U-20韓国代表

【得点者】
0-1 84分 オ・セフン(韓国)

 一覧に戻る


INFO.