Futsal News Soccer News

韓国、ウクライナが初の決勝進出!/U-20W杯

[2019/06/12 Wed]

 11日、FIFA U-20ワールドカップ ポーランド2019準決勝が行われ、U-20ウクライナ代表とU-20イタリア代表が、U-20エクアドル代表とU-20韓国代表が対戦した。

 まずはウクライナ対イタリア。前半はスコアレスで終え、後半に入った65分、ようやくゴールが生まれる。右サイドからのグラウンダークロスを中央に走り込んだセルヒー・ブレツァが右足ダイレクトでゴールへ蹴り込み、ウクライナが先制した。ところが、リードを奪ったウクライナにアクシデントが襲う。79分、DFデニス・ポポフがこの試合2枚目となるイエローカードで退場となり、数的不利に陥った。追いかけるイタリアは、後半アディショナルタイム2分、ジャンルカ・スカマッカがゴールを背にしながらも体を張ったトラップから豪快に右足ダイレクトボレーを叩き込む。同点ゴールかと思われたが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の介入があり、最終的に競り合いの中でファウルがあったとの判定でノーゴール。試合は1-0のまま終了し、ウクライナが同国史上初となる決勝進出を勝ち取った。一方、イタリアは2大会連続で3位決定戦となった。

 続いて、韓国対エクアドル。日本とセネガルを倒して36年ぶりのベスト4入りした韓国が先手を取る。39分、左サイドからのFKを、意表を突くスルーパスでペナルティエリア左にボールを送る。これに反応したチェ・ジュンが右足ダイレクトでゴールへ蹴り込み、先制した。韓国が集中したディフェンスでこの1点を守り切り、0-1で南米王者エクアドルを破り、初の決勝進出を果たした。また、アジア勢では、1999年に日本が進出して以来、20年ぶりとなる決勝進出となった。

 決勝戦は、15日(土)に韓国とウクライナが初優勝を懸けて対戦する。なお、3位決定戦は14日(金)にエクアドルとイタリアの対戦となった。

----------
【スコア】
U-20ウクライナ代表 1-0 U-20イタリア代表

【得点者】
1-0 65分 セルヒー・ブレツァ(ウクライナ)

----------
【スコア】
U-20エクアドル代表 0-1 U-20 韓国代表

【得点者】
0-1 39分 チェ・ジュン(韓国)

 一覧に戻る


INFO.