Futsal News Soccer News

U-22日本代表が史上初の決勝進出!/トゥーロン国際大会

[2019/06/13 Thu]

 12日、第47回トゥーロン国際大会2019の準決勝が行われ、U-22日本代表はU-22メキシコ代表と対戦した。

 前半をスコアレスで終えたが、後半早々の50分、メキシコが先制して均衡を破る。すると、追いかける展開となった日本は、72分、田中碧のシュートはポスト直撃でゴールならずだったが、こぼれ球に反応した相馬勇紀が右足を振り抜き、同点に追い付いた。ところが86分、エドゥアルド・アギーレがゴールを決めて再びメキシコがリードを奪う。このまま試合終了かと思われた89分、DFライン裏に抜け出した小川航基がGKとの1対1を冷静に右足で流し込み、土壇場で同点としてPK戦へ持ち込んだ。両チームとも3人目まで成功したが、メキシコ4人目アラン・モソがGKの逆を突いたもののポストを直撃して痛恨の失敗。一方、日本は4人目長沼洋一、5人目旗手怜央がきっちりと成功した。この結果、日本が史上初の決勝進出を勝ち取った。

 決勝戦は、15日にU-22日本代表対U-22ブラジル代表の対戦となった。

----------
【スコア】
U-22日本代表 2-2(PK 5-4) U-22メキシコ代表

【得点者】
0-1 50分 ヘスス・ゴディネス(メキシコ)
1-1 72分 相馬勇紀(日本)
1-2 86分 エドゥアルド アギーレ(メキシコ)
2-2 89分 小川航基(日本)

 一覧に戻る


INFO.