Futsal News Soccer News

ペスカドーラ町田U-18が初出場で優勝!/全日本U-18選手権

[2019/08/05 Mon]

 4日、JFA 第6回全日本U-18フットサル選手権大会 決勝戦が浜松アリーナ(静岡県浜松市)で行われ、ペスカドーラ町田U-18(関東地域第2代表/東京都)とシュライカー大阪U-18(関西地域第2代表/大阪府)が対戦した。

 Fクラブの下部組織同士の対決となり、第1回から続くサッカーチームの優勝を阻みフットサルチームが頂点に立つ時が来た。

 先にスコアを動かしたのは町田。10分、すでにトップチームでFリーグデビューを果たしているFP毛利元亮がキックインから右足で合わせて先制ゴールを決めた。しかし、直後の11分、大阪は速攻からFP小南幸貴のゴールで追いつく。しかし13分、再びキックインから町田がFP浜崎銀成が決めてリードを奪った。前半は2-1と町田が1点リードで終えた。

 後半は一進一退の攻防が続き、時計が進む中、次のゴールも町田だった。35分、FP山中翔斗のミドルシュートが決まり、町田のリードが2点に広がった。大阪は、すぐさまFP長尾瑛土をGKにしてパワープレーに出ると、直後の36分、右サイド深くのフライングGK長尾から中央のFP嘉数希望を経由して、最後はFP福長佑太のゴールで1点差に詰め寄った。しかしながらあと一歩届かず、3-2で町田が大阪を下して、初出場初優勝を飾り、大会初となるフットサルプロパーの優勝チームとなった。

 また、PK戦を制した湘南ベルマーレロンドリーナU-18が3位となり、3位までをFクラブ下部組織が独占した。大会最優秀選手(MVP)には、決勝戦で先制ゴールを決めたペスカドーラ町田U-18 FP#9毛利元亮が選ばれた。

----------
【スコア】
ペスカドーラ町田U-18 3-2 シュライカー大阪U-18

【得点者】
10分 1-0 毛利元亮(町田)
11分 1-1 小南幸貴(大阪)
13分 2-1 浜崎銀成(町田)
35分 3-1 山中翔斗(町田)
36分 3-2 福長佑太(大阪)

 一覧に戻る


INFO.