Futsal News Soccer News

日本はミャンマーに快勝!久保が最年少出場記録更新!/カタールW杯 アジア2次予選

[2019/09/11 Wed]

 10日、2022 FIFAワールドカップ カタール・アジア2次予選が行われ、日本代表はミャンマー代表が対戦した。

 雨でぬかるんだピッチに苦労する日本だが、開始早々4分、MF南野拓実がペナルティーエリア内で左足を振り抜く。ここは先制ゴールとはいかなかったが、16分に実を結ぶ。MF中島翔哉が左サイドからカットインして、ペナルティーエリア付近からシュート。右足から放たれた強烈なボールがゴールに突き刺さり、日本が先制した。さらに26分、追加点が決まる。一度シュートをブロックされたMF堂安律が左足でクロスを送る。これをMF南野がヘディングで合わせて、前半を2点リードで終えた。

 後半に入ると、ミャンマーも反撃に出る。しかし、日本ゴールにはGK権田修一が立ちはだかる。そして80分、MF中島に代わり、MF久保建英がピッチに登場する。18歳98日でのW杯予選出場は、1980年スペインW杯アジア予選の風間八宏氏(当時19歳67日)の記録を更新する最年少出場記録となった。その後も日本ペースで試合は進むものの、3点目は奪えず試合終了。日本が2-0でミャンマーを下して白星スタートを切った。

 日本のW杯予選は、10月10日(木)対モンゴル代表となる。

 また、MF本田圭佑が実質的な監督を務めるカンボジア代表はホームでバーレーン代表と対戦して0-1で敗れた。カンボジアは1分1敗、バーレーンは1勝1分となった。そして、昨季途中までヴァンフォーレ甲府を率いていた吉田達磨監督が指揮を執るシンガポール代表は、ホームにパレスチナ代表を迎えた。2-1で勝利を収めたシンガポールが2次予選初白星を飾った。前日本代表指揮官の西野朗監督が率いるタイ代表は、アウェイでインドネシア代表と対戦した。3-0で勝利したタイが2次予選初白星かつ西野監督就任後初白星を飾った。

----------
【スコア】
ミャンマー代表 0-2 日本代表

【得点者】
0-1 16分 中島翔哉(日本)
0-2 26分 南野拓実(日本)

 一覧に戻る


INFO.