Futsal News Soccer News

なでしこJがカナダに4ゴール完封勝利で東京五輪へ白星リスタート!

[2019/10/07 Mon]

 6日、IAIスタジアム日本平で国際親善試合が行われ、日本女子代表(なでしこジャパン)とカナダ女子代表が対戦した。

 開始早々の6分、右サイドからのグラウンダークロスをFW岩渕真奈が右足ダイレクトでゴール左隅に流し込み、先制ゴールを挙げた。その後は一進一退の攻防となり、日本の1点リードで前半を終えた。

 後半も立ち上がり早々に日本がチャンスを掴む。50分、53分と立て続けにカナダゴールへ迫るも、あと一歩のところで追加点を阻まれる。それでも65分、MF長谷川唯の右足シュートをGKが弾くと、それに反応したFW籾木結花が右足で押し込み、待望の追加点を奪った。さらに、攻撃の手を緩めない日本は、72分、浮き球のパスでDFラインの裏に抜け出した岩渕がGKを引きつけてから中央で待つ長谷川へ。長谷川がこれをきっちりと決めて、リードを3点に広げた。最後は後半アディショナルタイム、カウンターからペナルティーエリア内右へ切り込んだFW田中美南がシュートを放つ。このシュートはGKにセーブされるも、こぼれ球に反応したFW小林里歌子が押し込み、ダメ押しとなる4点目をマークして試合終了。

 ベスト16敗退に終わったFIFA女子ワールドカップフランス2019後の初戦で、なでしこジャパンが4-0と快勝で飾り、来年の東京オリンピックへ向けて良いリスタートを切った。

----------
【スコア】
日本女子代表 4-0 カナダ女子代表

【得点者】
1-0 6分 岩渕真奈(日本)
2-0 65分 籾木結花(日本)
3-0 72分 長谷川唯(日本)
4-0 90+2分 小林里歌子(日本)

 一覧に戻る


INFO.