Futsal News Soccer News

ホームのG大阪&川崎が先勝!/ルヴァン杯

[2019/10/10 Thu]

 9日、2019JリーグYBCルヴァンカップ準決勝第1戦が行われた。


 まずは、川崎フロンターレがホームに鹿島アントラーズを迎えた一戦から。10分、右サイドからのクロスをFW白崎凌兵がダイビングヘッドで合わせてゴールネットを揺らした。鹿島が貴重なアウェイゴールで先制した。ところが27分、クリアボールをMF守田英正が豪快に左足でゴールに突き刺し、川崎が同点に追い付いて前半を終えた。

 ホームで負けられない川崎が後半は攻勢を強める。しかし、中々ゴールネットを揺らすことができない。それでも82分、リズミカルなパス交換からMF脇坂泰斗が抜け出し、右足シュートを決めて逆転すると、直後の85分、CKのこぼれ球をMF阿部浩之が押し込み、ダメ押しゴールを奪った。3-1のまま試合終了を迎え、川崎が先勝を収めた。


 続いて、4日(金)に行われた明治安田生命J1リーグ第28節でも対戦したガンバ大阪と北海道コンサドーレ札幌の一戦。リーグ戦ではG大阪が5-0と完封勝利を収めて、史上4クラブ目となるJ1通算400勝を達成している。

 開始早々からお互いにビッグチャンスを迎えるも、両チームともゴールには至らず、前半をスコアレスで終えた。

 スコアが動いたのは74分。ペナルティーエリア内でMF白井康介の手にボールが当たり、これがハンドリングの判定でG大阪にPKが与えられた。このPKをMF宇佐美貴史がきっちりと決めて、G大阪が先制する。しかし、札幌も意地を見せる。87分、MF宮澤裕樹がヘディングですらすとMFキム・ミンテが押し込んで、同点に追い付いた。このまま試合終了かと思われた後半アディショナルタイム5分、こぼれ球をMF倉田秋がダイレクトシュートでゴールネットを揺らし、2-1と勝ち越したG大阪が土壇場で勝利を手にした。

 第2戦は13日(日)に、鹿島のホームで鹿島対浦和が、札幌のホームで札幌対G大阪がそれぞれ行われる。

----------
【スコア】
川崎フロンターレ 3-1 鹿島アントラーズ

【得点者】
10分 0-1 白崎凌兵(鹿島)
27分 1-1 守田英正(川崎)
82分 2-1 脇坂泰斗(川崎)
85分 3-1 阿部浩之(川崎)

----------
【スコア】
ガンバ大阪 2-1 北海道コンサドーレ札幌

【得点者】
74分 1-0 宇佐美貴史(PK/G大阪)
87分 1-1 キム・ミンテ(札幌)
90+5分 2-1 倉田秋(G大阪)

 一覧に戻る


INFO.