Futsal News Soccer News

U-19日本女子代表が大量5得点で白星発進! /AFC U-19女子選手権

[2019/10/30 Wed]

 28日、AFC U-19女子選手権タイ2019 グループステージ第1節が行われ、U-19日本女子代表とU-19ミャンマー女子代表が対戦した。

GKに大場朱羽選手、DFラインに長江伊吹選手、高橋はな選手、田畑晴菜選手、松田紫野選手が並び、中盤にはボランチに中尾萌々選手、菅野奏音選手、右サイドに瀧澤千聖選手、左に伊藤彩羅選手、そして山本柚月選手と大澤春花


 本大会は、来年行われるFIFA U-20女子ワールドカップ予選を兼ねているため絶対に負けられない。日本は試合開始からボールポゼッションを高めるも、ミャンマーDFラインがセンターライン付近まで上げられて、DF裏を狙ったプレーはことごとくオフサイドトラップにはまってしまう。それでも徐々に相手ゴールに迫ると、36分にスコアが動いた。右サイドからのクロスをFW山本柚月が押し込んだ。するとそのわずか3分後、自陣からのロングボールにFW大澤春花が抜け出し、右足でゴールに蹴り込み、リードを2点に広げて前半を終えた。

 後半、左から右への大きなサイドチェンジで揺さぶり中央に折り返すと、ゴール前で山本が合わせて3点目を奪った。勢いの止まらない日本は、66分、左サイドからのグラウンダークロスを中央で大澤が落とす。これを途中出場のFW廣澤真穂がペナルティーエリア外から左足一閃。豪快なシュートがゴールネットに突き刺さった。その直後、ハイプレスで相手DFが乱れたところをMF伊藤彩羅がボール奪取すると、自らペナルティーエリア内に持ち込み、左足を振り抜き、ダメ押しとなる5点目を挙げた。70分には主審が交代するという珍しいアクシデントもあったが、最後まで集中力を切らさず、大会初戦を5-0の完封勝利で終えた。

 日本の次戦は、31日(木)19時(現地時間)にU-19韓国女子代表と対戦する。

----------
【スコア】
U-19日本女子代表 5-0 U-19ミャンマー女子代表

【得点者】
36分 1-0 山本柚月(日本)
39分 2-0 大澤春花(日本)
49分 3-0 山本柚月(日本)
66分 4-0 廣澤真穂(日本)
67分 5-0 伊藤彩羅(日本)

 一覧に戻る


INFO.