Futsal News Soccer News

上位3クラブが揃って勝利し、優勝争いは混戦模様!/J1第30節

[2019/11/05 Tue]

 1日から3日、明治安田生命J1リーグ第30節が行われた。

 首位鹿島アントラーズは、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019決勝戦を控える浦和レッズとホームで対戦した。スコアレスで迎えた72分、こぼれ球をMFセルジーニョが豪快にゴールに蹴り込んで鹿島が先制した。試合終盤、タッチライン際での小競り合いから、浦和の大槻毅監督が鹿島のMF永木亮太を突き飛ばして退場処分を受けるなど、一時騒然とした雰囲気になった。結局、鹿島が逃げ切り、1-0で勝利を手にした。

 2位FC東京は、アウェイに乗り込んで大分トリニータと対戦した。開始早々の5分、FW永井謙佑のゴールでFC東京が先制すると、その2分後にDF渡辺剛の追加点でリードを広げた。最後まで大分の反撃を許さなかったFC東京が、2-0で完封勝利を収めて鹿島を追走している。

 3位横浜F・マリノスは、サガン鳥栖とのアウェイ戦に挑んだ。前半にMF遠藤渓太とFWエリキのゴールで2点のリードを奪った横浜FMが、鳥栖の反撃を1点に抑え、2-1で接戦をモノにし、優勝戦線に食らいついた。

 今節の結果、順位表および次節の対戦カードは以下の通り。

----------
■結果
鹿島アントラーズ 1-0 浦和レッズ
ヴィッセル神戸 2-0 ベガルタ仙台
北海道コンサドーレ札幌 3-0 名古屋グランパス
清水エスパルス 1-2 ジュビロ磐田
サガン鳥栖 1-2 横浜F・マリノス
セレッソ大阪 1-1 松本山雅FC
川崎フロンターレ 2-1 サンフレッチェ広島
大分トリニータ 0-2 FC東京
湘南ベルマーレ 0-3 ガンバ大阪

----------
■順位表
1位 鹿島(勝点59/得失点差+27)
2位 FC東京(勝点59/得失点差+19)
===== ACL本戦出場 =====
3位 横浜F・マリノス(勝点58/得失点差+21)
4位 川崎フロンターレ(勝点51/得失点差+21)
=== ACLプレーオフ出場 ===
5位 サンフレッチェ広島(勝点51/得失点差+16) ※1試合(第31節)消化済み
6位 セレッソ大阪(勝点50/得失点差+11)
7位 北海道コンサドーレ札幌(勝点43/得失点差+7)
8位 大分トリニータ(勝点43/得失点差+3)
9位 ガンバ大阪(勝点38/得失点差1)
10位 ヴィッセル神戸(勝点38/得失点差-1)
11位 浦和レッズ(勝点36/得失点差-13) ※1試合(第31節)消化済み
12位 ベガルタ仙台(勝点35/得失点差-8)
13位 清水エスパルス(勝点35/得失点差-22)
14位 名古屋グランパス(勝点33/得失点差-6)
15位 サガン鳥栖(勝点32/得失点差-19)
=== J1参入プレーオフ ===
16位 湘南ベルマーレ(勝点31/得失点差-23)
===== J2自動降格 =====
17位 松本山雅FC(勝点30/得失点差-14)
18位 ジュビロ磐田(勝点25/得失点差-20)

----------
■第31節対戦カード(11月9日、10日)
▽9日(土)
 14:00 鹿島アントラーズ vs 川崎フロンターレ
 14:00 横浜F・マリノス vs 北海道コンサドーレ札幌
 14:00 ジュビロ磐田 vs FC東京
 14:00 名古屋グランパス vs ヴィッセル神戸
 15:00 セレッソ大阪 vs 湘南ベルマーレ
▽10日(日)
 13:05 ベガルタ仙台 vs 清水エスパルス
 14:00 大分トリニータ vs ガンバ大阪
 15:00 サガン鳥栖 vs 松本山雅FC
※AFCチャンピオンズリーグの影響により、10月29日に終了
 サンフレッチェ広島 1-1 浦和レッズ

 一覧に戻る


INFO.