Futsal News Soccer News

U-17日本代表はメキシコに敗れてベスト8進出ならず.../U-17 W杯

[2019/11/07 Thu]

 6日、FIFA U-17ワールドカップ ブラジル2019 ノックアウトラウンド(ラウンド16)が行われ、U-17日本代表とU-17メキシコ代表が対戦した。

 メキシコが主導権を握り、試合がスタートしたが、日本はGK鈴木彩艶を中心にゴールを死守して得点を許さない。その後、日本は徐々にボールポゼッションを高めると、落ち着きを取り戻して前半をスコアレスで終えた。

 後半、先手を取ったのはメキシコだった。57分、左CKの流れからゴール前でこぼれた球をキャプテンのMFエウジェニオ・ピッツートが押し込んだ。さらに74分、ドリブルでペナルティーエリア手前に持ち込んだFWサンティアゴ・ムニョスが右足を振り抜くと、ゴール左に突き刺さり、メキシコがリードを2点に広げた。最後までゴールを追いかけ続けた日本だが、0-2のまま試合終了。

 日本はベスト16敗退となった。

----------
【スコア】
U-17日本代表 0-2 U-17メキシコ代表

【得点者】
0-1 57分 エウジェニオ・ピッツート(メキシコ)
0-2 74分 サンティアゴ・ムニョス(メキシコ)

 一覧に戻る


INFO.