Futsal News Soccer News

日本はロシアに惜敗して4位!/BS W杯

[2019/12/02 Mon]

 2日、FIFAビーチサッカーワールドカップパラグアイ2019 3位決定戦が行われ、ビーチサッカー(BS)日本代表はBSロシア代表と対戦した。

 準決勝で日本はBSポルトガル代表にPK戦の末の敗戦から、ロシアはBSイタリア代表に延長戦の末の敗戦から、大会を勝利で終えるために切り替えて臨んだこの一戦。4分、日本が先手を取った。左サイドでルーズボールの奪い合いをキャプテンFP茂怜羅オズが制すると、中央に走り込んだFP赤熊卓弥へ丁寧なパスを送る。赤熊はこれを落ち着いてインサイドキックでコースを突き、ゴール左に突き刺した。その後、激しい攻防が続く中、8分、ロシアが反撃に出ると、連続ゴールで逆転に成功する。しかし、日本もすがりつく。失点直後のキックオフを浮き球でつなぐと、最後は再び赤熊がヘディングで押し込み、同点とした。そして第1ピリオド終了間際の12分、直接FKをオズが決めて、2-3と日本の1点リードで第1ピリオドを終えた。

 追いかけるロシアの攻撃を日本は集中したディフェンスで切る抜ける。すると23分、GK照喜名辰吾からのロングスローを左サイドで受けたFP奥山正憲がダイレクトで中央へ落とす。これに走り込んだFP大場崇晃がゴール左に蹴り込み、日本がリードを広げた。ところが、その直後にロシアはBSの醍醐味とも言えるオーバーヘッドシュートを決めて、再び1点差に追い付き、第2ピリオドを終えた。

 残り12分でまずは1点が必要なロシアが第3ピリオド開始早々の26分、個人技からゴールを奪い、早いタイミングで同点に追い付く。一進一退の攻防が続く中、29分にゴールが生まれる。これまで数々の好セーブを素手で魅せてきたGK照喜名だったが、シュートを前にこぼしたところを押し込まれてしまう。最後までゴールを追いかけ続けた日本だったが、5-4で試合終了を迎え、惜しくロシアに敗れて4位で大会を終えた。

 その後行われた決勝戦は、日本を下したビーチサッカーポルトガル代表がビーチサッカーイタリア代表を4-6で破り、優勝を飾っている。大会最優秀選手賞(ゴールデンボール賞)には日本代表キャプテンFP茂怜羅オズが選ばれたほか、大会得点王にはGabriele GORI (イタリア・16得点)が、大会最優秀GKにはANDRADE(ポルトガル)が受賞した。

----------
【スコア】
ビーチサッカーロシア代表 5-4 ビーチサッカー日本代表

【得点者】
4分 0-1 赤熊卓弥(日本)
8分 1-1 失点(ロシア)
8分 2-1 失点(ロシア)
8分 2-2 赤熊卓弥(日本)
12分 2-3 茂怜羅オズ(日本)
23分 2-4 大場崇晃(日本)
23分 3-4 失点(ロシア)
26分 4-4 失点(ロシア)
29分 5-4 失点(ロシア)

 一覧に戻る


INFO.