Futsal News Soccer News

U-23日本代表は難敵サウジアラビアに敗れ黒星発進.../AFC U-23選手権

[2020/01/10 Fri]

 9日、AFC U-23選手権2020が行われ、U-23日本代表がU-23サウジアラビア代表と対戦した。

 2016年大会以来の優勝を狙う日本は前半から積極的に前プレをかけて、アグレッシブな試合展開を見せる。ところが、サウジアラビアは即座に4バックから3バックに変更する臨機応変な対応を魅せる。すると日本は決定的なチャンスを創れず、前半はスコアレスのまま終了した。

 後半に入り、48分、MFアイマン・アルクライフのシュートがポストに当たりながらもゴールに収まり、サウジアラビアが先制した。追いかける展開となった日本は、56分、ハート・オブ・ミドロシアン(ハーツ)に所属するMF食野亮太郎がペナルティーエリア左から鋭いシュートをゴールに突き刺して同点に追い付いた。さらに、日本は71分にFW小川航基に代えてFW上田綺世を投入して勝ち越しを目指す。しかし84分、日本は自分たちののミスからピンチを招くと、DF岡崎慎がペナルティーエリア内で相手を倒してしまい、PKを与えてしまった。これをMFガリーグがきっちりと沈めて、サウジアラビアは土壇場で勝ち越した。その後、日本は後半アディショナルタイム1分にMF相馬勇紀、FW田川亨介を投入し猛攻を仕掛けるも、あと一歩届かず、2-1で敗れた。日本は、黒星でスタートすることとなった。

 次節日本は、12日(日)22時15分(日本時間)よりU-23シリア代表と対戦する。

【スコア】
U-23日本代表 1-2 U-23サウジアラビア代表

【得点者】
0-1 48分 アイマン・アルクライフ(サウジアラビア)
1-1 56分 食野亮太郎(日本)
1-2 85分 アブドゥルラフマン・ガリーグ(サウジアラビア)

 一覧に戻る


INFO.