Futsal News Soccer News

降格危機のブレーメンは大迫のゴールも虚しく敗戦.../ブンデスリーガ第33節

[2020/06/22 Mon]

 20日、ブンデスリーガ第33節が行われた。

 日本代表FW大迫勇也が所属する17位ブレーメンは、アウェイでマインツと対戦した。残留にはもう後がないブレーメンだが、2点を先行される苦しい展開となる。58分、大迫の左足がゴールネット揺らし、反撃の狼煙を上げるも、その後さらに追加点を許してしまい、3-1でマインツが勝利を収めた。また、今節16位デュッセルドルフがアウクスブルクと引き分けたため、17位ブレーメンと16位デュッセルドルフの勝点差は「2」に止まり、ブレーメンは自動降格は回避した。最終節でブレーメンがケルンに勝利し、デュッセルドルフがウニオン・ベルリンに敗れた場合、ブレーメンがプレーオフ出場権を獲得する。もしくは、デュッセルドルフが引き分けた場合、ブレーメンが4点差以上での勝利が必要となる。(デュッセルドルフが4点以上挙げて引き分けた場合には5点差

 MF長谷部誠とMF鎌田大地が所属するフランクフルトは、アウェイでケルンと対戦した。ケルンの1点リードで迎えた72分、FWバス・ドストが値千金の同点ゴールを決めて、引き分けに終わった。なお、長谷部はベンチ入りしたものの出場機会はなく、鎌田は累積警告による出場停止処分のため登録外だった。

----------
■結果
ケルン 1-1 フランクフルト
シャルケ 1-4 ヴォルフスブルク
ホッフェンハイム 4-0 ウニオン・ベルリン
ライプツィヒ 0-2 ドルトムント
パーダーボルン 1-3 ボルシアMG
バイエルン 3-1 フライブルク
ヘルタ・ベルリン 2-0 レヴァークーゼン
マインツ 3-1 ブレーメン
デュッセルドルフ 1-1 アウクスブルク


■順位表
1位 バイエルン(勝点79/得失点差64)
2位 ドルトムント(勝点69/得失点差47)
3位 ライプツィヒ(勝点63/得失点差43)
4位 ボルシアMG(勝点62/得失点差25)
──────── CL出場 ────────
5位 レヴァークーゼン(勝点60/得失点差16)
6位 ヴォルフスブルク(勝点49/得失点差6)
──────── EL出場 ────────
7位 ホッフェンハイム(勝点49/得失点差-4)
8位 フライブルク(勝点45/得失点差-3)
9位 フランクフルト(勝点42/得失点差-2)
10位 ヘルタ・ベルリン(勝点41/得失点差-10)
11位 シャルケ(勝点39/得失点差-16)
12位 ウニオン・ベルリン(勝点38/得失点差-20)
13位 マインツ(勝点37/得失点差-20)
14位 ケルン(勝点36/得失点差-13)
15位 アウクスブルク(勝点36/得失点差-17)
────── プレーオフ出場 ──────
16位 デュッセルドルフ(勝点30/得失点差-28)
─────── 自動降格圏 ───────
17位 ブレーメン(勝点28/得失点差-32)
18位 パーダーボルン(勝点20/得失点差-36)

----------
■第34節(最終節)
ウニオン・ベルリン vs デュッセルドルフ
ボルシアMG vs ヘルタ・ベルリン
ヴォルフスブルク vs バイエルン
フランクフルト vs パーダーボルン
ブレーメン vs ケルン
フライブルク vs シャルケ
レヴァークーゼン vs マインツ
ドルトムント vs ホッフェンハイム
アウクスブルク vs ライプツィヒ

 一覧に戻る


INFO.