Futsal News Soccer News

JFAが2023年大会招致からの撤退を発表... / 女子W杯

[2020/06/23 Tue]

 22日、日本サッカー協会(JFA)は、開催国として立候補している2023年FIFA女子ワールドカップ(W杯)の招致活動から撤退することを決定した。

 JFAは、同日開催した臨時理事会のあと、撤退の理由として、「共同開催が近年の世界のトレンドになりつつある」「大陸連盟の票の一本化」「年齢制限のないチームで女子の世界一を決める大会は、FIFA女子W杯とオリンピックの2つがあり、新型コロナウイルスの影響によってその女子サッカー最高峰を決める2つの大会が、短期間に同じ国で開催されることに対する抵抗感」を挙げている。そして、「アジアの連帯を強固にし、アジア・オセアニア地域への招致の確率を高めることもアジアサッカーへの貢献であると考えている」と述べた。

 なお、10日(水)に国際サッカー連盟(FIFA)より公表された評価報告書では、日本の提案やサッカーを取り巻く環境が高く評価されていた。開催地は25日(木)にFIFA理事会で決定され、最終候補にはオーストラリアとニュージーランドの共催(アジアサッカー連盟)、コロンビア(南米サッカー連盟)が残っている。

 一覧に戻る


INFO.