Futsal News Soccer News

川崎が湘南を下して首位キープ!広島対名古屋は延期... / J1第7節

[2020/07/27 Mon]

 26日、明治安田生命J1リーグ第7節が行われた。

 首位川崎フロンターレは、ホームに湘南ベルマーレを迎えた。スコアレスで迎えた後半に先制したのは湘南だった。ところが、昨シーズンまで湘南に所属していたDF山根視来の同点ゴールで川崎が追い付くと、途中出場のMF三笘薫、MF田中碧の連続ゴールで3-1と逆転した。

 開幕6試合で1勝も挙げられていないのは、サガン鳥栖と清水エスパルスの2クラブ。ホームで大分トリニータと対戦した清水は、前半にDFファン・ソッコのゴールで先制する。すると後半にもFWカルリーニョス・ジュニオのゴールで追加点を奪うと、その後も得点を重ね、4-2で今シーズン初勝利を飾った。一方の鳥栖は、好調の3位セレッソ大阪をホームに迎えた。FW石井快征のゴールで先制したトスだったが、MF坂元達裕のゴールで追い付かれてしまい、1-1のドローで終わり、初白星はまたもお預けとなった。

 なお、名古屋グランパスの選手・スタッフで新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性反応が出たため、サンフレッチェ広島との試合は急きょ延期となった。名古屋とJリーグが行った共同記者会見では、試合に向かっていた選手16名とスタッフ1名の陰性は確認されていたものの、17名の中に濃厚接触者がいるかどうかが不明確な状況のため、確実に安全な中で試合はできないと判断して中止を決定した、と経緯を明らかにした。

 今節の結果、順位表および次節の対戦カードは以下の通り。

----------
■結果
北海道コンサドーレ札幌 3-1 横浜F・マリノス
横浜FC 0-2 浦和レッズ
清水エスパルス 4-2 大分トリニータ
鹿島アントラーズ 2-2 FC東京
柏レイソル 5-1 ベガルタ仙台
川崎フロンターレ 3-1 湘南ベルマーレ
ヴィッセル神戸 0-2 ガンバ大阪
サガン鳥栖 1-1 セレッソ大阪

----------
■順位表
1位 川崎(勝点19/得失点差+14)
2位 G大阪(勝点16/得失点差+3)
3位 名古屋(勝点14/得失点差+7) ※1試合未消化
======= ACL出場 ======
4位 FC東京(勝点14/得失点差+3)
4位 C大阪(勝点14/得失点差+3)
6位 浦和(勝点13/得失点差-1)
7位 柏(勝点12/得失点差+6)
8位 札幌(勝点12/得失点差+3)
9位 神戸(勝点9/得失点差ー2)
10位 広島(勝点7/得失点差+3) ※1試合未消化
11位 横浜FM(勝点7/得失点差ー2)
12位 大分(勝点7/得失点差-4)
13位 仙台(勝点6/得失点差-5)
14位 横浜FC(勝点5/得失点差-9)
15位 鳥栖(勝点4/得失点差-4)
16位 湘南(勝点4/得失点差-5)
17位 鹿島(勝点4/得失点差-6)
17位 清水(勝点4/得失点差-6)

----------
■第8節 対戦カード
▽8月1日(土)
 18:00 仙台 vs 横浜FM
 18:00 横浜FC vs 広島
 18:00 名古屋 vs 柏
 19:00 浦和 vs 清水
 19:00 FC東京 vs 鳥栖
 19:00 湘南 vs C大阪
 19:00 G大阪 vs 川崎
 19:00 大分 vs 鹿島
▽8月2日(日)
 14:00 札幌 vs 神戸

 一覧に戻る


INFO.