Futsal News Soccer News

日本代表がコートジボワール代表を下して2020年初勝利!

[2020/10/14 Wed]

 13日、日本代表は、ユトレヒト(オランダ)で国際親善試合を行い、コートジボワール代表と対戦した。

 9日に行われたカメルーン代表戦から先発メンバーを7名変更して臨んだ日本代表が、開始2分、右サイド裏に抜け出したFW鈴木武蔵のクロスボールをペナルティーエリア中央へ走り込んだMF久保建英が左足ダイレクトで合わせるも、大きく枠上に外れてゴールならず。その後もペースを掴み攻め込むものの得点には至らず、スコアレスで前半を終えた。

 後半も膠着状態が続く中、58分、日本に大きなチャンスが訪れる。ペナルティーエリア手前でパスを受けたMF鎌田大地が、細かいステップのドリブルで自ら持ち込み、最後は右足でシュートを放つ。GKが弾いたボールを鎌田がもう一度詰めるものの、再びGKにセーブされて先制とはならなかった。すると、日本は久保に変わり、10番を背負うMF南野拓実を投入。また、鈴木を下げてMF原口元気を、MF伊東純也に代えてMF堂安律を連続投入して1点を奪いに行く。さらに終了間際の89分、DF室屋成に代えてDF植田直通を送り出すと、この采配が的中する。後半アディショナルタイム1分、右サイドで得たFKを植田がヘディングで合わせて待望のゴールを決めた。そして、1-0のまま試合終了を迎え、日本が1-0で勝利を収めた。

 オランダで行われた国際親善試合2試合を、無失点の1勝1分で終えた。

----------
【スコア】
日本代表 1-0 コートジボワール代表
【得点者】
1-0 90+1分 植田直通(日本)

----------
■日本代表
▽GK
 1 川島 永嗣(ストラスブール/フランス)
 12 権田 修一(ポルティモネンセ/ポルトガル)
 23 シュミット ダニエル(シント・トロイデン/ベルギー)
▽DF
 22 吉田 麻也(サンプドリア/イタリア)
 19 酒井 宏樹(マルセイユ/フランス)
 3 室屋 成(ハノーファー/ドイツ)
 2 植田 直通(サークル・ブルージュ/ベルギー)
 20 安西 幸輝(ポルティモネンセ/ポルトガル)
 13 板倉 滉(フローニンゲン/オランダ)
 16 冨安 健洋(ボローニャ/イタリア)
 21 菅原 由勢(AZ/オランダ) ※初選出
▽MF
 8 原口 元気(ハノーファー/ドイツ)
 7 柴崎 岳(レガネス/スペイン)
 6 遠藤 航(シュトゥットガルト/ドイツ)
 14 伊東 純也(ヘンク/ベルギー)
 10 南野 拓実(リヴァプール/イングランド)
 9 鎌田 大地(フランクフルト/ドイツ)
 4 中山 雄太(ズヴォレ/オランダ)
 25 三好 康児(アントワープ/ベルギー)
 11 堂安 律(ビーレフェルト/ドイツ)
 17 久保 建英(ビジャレアル/スペイン)
▽FW
 24 鈴木 武蔵(ベールスホット/ベルギー)
※FW大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)は第1戦終了後にチーム事情により離脱

 一覧に戻る


INFO.