Futsal News Soccer News

江蘇蘇寧が初制覇! / 中国スーパーリーグ

[2020/11/13 Fri]

 12日、中国スーパーリーグ(CSL) チャンピオンシップ・ステージ(CS)決勝戦セカンドレグが行われ、江蘇蘇寧が広州恒大を破り、クラブ史上初となるリーグ制覇を果たした。

 当初は2月に開幕する予定だったCSLだが、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により延期を余儀なくされ、5カ月遅れの7月にようやく幕を開けた。また、大会方式も変更された。16チームを8チームずつの2グループに分けて、蘇州と大連の2都市でレギュラーシーズンを開催。その後、各都市のグループ上位4チームの計8チームが優勝を決めるCSに進出、下位4チームの計8チームは降格ステージで残留を争う形となった。

 江蘇蘇寧は大連で行われたグループAを7勝5分け2敗の2位で通過。CSでは重慶力帆と上海上港を破っり、決勝戦にコマを進めた。一方、昨シーズンの王者広州恒大は同じくグループAを11勝1分け2敗の首位で突破すると、河北華夏と北京国安を下して決勝戦に上り詰めた。

 そして8日(日)に行われた決勝戦ファーストレグはスコアレスドローで終了しており、セカンドレグに注目が集まっていた。

 セカンドレグは前半の終盤にスコアが動いた。43分、江蘇蘇寧が大きなチャンスを掴む。最終ラインから抜け出したFWアレックス・テイシェイラがDFフー・チャオに後方から引き倒されると笛が鳴り、PKの判定が下された。しかしビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の介入により最終的にはわずかにペナルティーエリア手前だったとしてFKで再開となったが、フー・チャオには決定的な得点の機会を阻止した(DOGSO/ドグソ)として退場が命じられた。そして、FKでキッカーを務めたのはFWエデル。右足を振り抜くとシュートは壁に当たりながらもゴール左に突き刺さり、江蘇蘇寧が先制して前半を終えた。

 さらに47分、ペナルティーエリア手前右でボールを拾ったMFテイシェイラが中央に切り込んで左足シュート。これがゴール左隅に決まり、江蘇蘇寧がリードを2点に広げた。2点を追いかける広州恒大が、61分、左サイドからのクロスボールにFWウェイ・シーハオがヘディングで合わせて1点を返すものの、江蘇蘇寧のディフェンスを前に反撃は続かず、2-1のまま試合終了。

 江蘇蘇寧が2試合合計2-1で広州恒大を下し、クラブ史上初となるリーグ制覇を果たした。

----------
【スコア】
江蘇蘇寧 2-1(2試合合計2-1) 広州恒大

【得点者】
45+3分 1-0 エデル(江蘇蘇寧)
47分 2-0 テイシェイラ(江蘇蘇寧)
61分 2-1 ウェイ・シーハオ(広州恒大)

 一覧に戻る


INFO.