Futsal News Soccer News

日本対モンゴルの試合開催地を日本に変更 / カタールW杯 アジア2次予選

[2021/02/12 Fri]

 10日、日本サッカー協会(JFA)は、2022 FIFAワールドカップ カタール・アジア2次予選兼AFCアジアカップ中国2023予選(対モンゴル代表)の開催地変更を発表した。

 3月30日(火)にモンゴルでのアウェイ戦が予定されていた日本代表だったが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するモンゴルの感染予防対策などを考慮した結果、開催が困難な状況と判断された。そして、モンゴルサッカー連盟(MFF)、JFAと協議し、同試合をフクダ電子アリーナ(千葉県)にて無観客試合として開催することで合意、そしてMFFがアジアサッカー連盟(AFC)に申請した結果、承認されたという。

----------
■FIFAワールドカップカタール2022アジア2次予選 兼 AFCアジアカップ中国2023予選
日時:2020年3月30日(火)19:30キックオフ
対戦カード:モンゴル代表 対 日本代表(SAMURAI BLUE)
試合会場:フクダ電子アリーナ(千葉県)
テレビ放送:フジテレビ系列にて全国生中継(一部地域除く)

 一覧に戻る


INFO.