Futsal News Soccer News

川崎がG大阪の猛追を振り切り、今季初タイトル! / ゼロックス杯

[2021/02/22 Mon]

 20日、日本サッカーシーズンの新しい幕開けを知らせるFUJI XEROX SUPER CUP 2021が行われ、2020シーズンのJ1リーグ王者川崎フロンターレと天皇杯準優勝ガンバ大阪が対戦した。

 同大会は前シーズンのJ1リーグ王者と天皇杯覇者が対戦するが、2020シーズンはともに川崎が制したため、天皇杯2位G大阪との対戦となった。

 最初にチャンスを掴んだのは川崎だった。2分、FWレアンドロ・ダミアンがオーバーヘッドシュートを放ち、そのこぼれ球にMF三笘薫が反応する。しかし、シュートはG大阪GK東口順昭に阻まれ先制ゴールとはならなかった。ところが直後の5分、再び三笘にチャンスが訪れる。右サイドを突破したDF山根視来からのクロスボールを合わせるも枠を捉えきれなかった。一方G大阪も13分にチャンスを創り出す。右サイドからのクロスボールを収めたパトリックがオーバーヘッドシュート。ここは元韓国代表の川崎GKチョン・ソンリョンに阻まれ、先制とはならなかった。すると迎えた29分、遂に均衡が崩れた。相手DFの背後を見事に取った三笘が落ち着いて逆サイドネットを揺らして川崎が先手を奪った。さらに32分、左サイドから右、そして左と大きな展開でG大阪DFを翻弄すると、最後は再び三笘が合わせて、川崎が前半で2点のリードを奪い、ハーフタイムを迎えた。

 後半も川崎ペースでスタートしたものの、55分を過ぎたあたりから、徐々にG大阪が押し込む時間が増えてくる、すると60分、川崎DFのクリアボールをMF山本悠樹が拾い、ヘディングで繋ぐと、ペナルティーエリア内のMF矢島慎也がワントラップから左足一閃。強烈な一撃がゴールに突き刺さり、G大阪が反撃の狼煙を上げた。これで勢い付いたG大阪は66分、ペナルティーエリア内左に侵入したところで、MF川﨑修平の外へ出したパスが山根の手に当たる。これがハンドリングの反則と判定され、G大阪がPKを獲得した。このビッグチャンスをパトリックがしっかりと決めて、G大阪が試合を振り出しに戻した。波に乗るG大阪は、69分に新加入のFWチアゴ・アウベス、FWレアンドロ・ペレイラを投入し、攻勢を強めて一気に逆転を狙う。ところが、川崎も集中を取り戻して一進一退の展開が続く。すると、このままPK戦へ突入するかと思われた後半アディショナルタイム6分にドラマが待っていた。ペナルティーエリア右へのスルーパスに抜け出した途中出場のエースFW小林悠が、GK東口の位置をしっかりと確認して手が届かない逆サイドへ蹴り込み、土壇場で勝ち越した川崎が3-2で勝利を手にした。

 来週から2021明治安田生命J1リーグが始まり、川崎は26日(金)に横浜F・マリノスとの開幕ゲームに、G大阪は翌27日(土)にヴィッセル神戸との関西ダービーにそれぞれ臨む。

----------
【スコア】
川崎フロンターレ 3-2 ガンバ大阪 

【得点者】
1-0 29分 三笘薫(川崎)
2-0 32分 三笘薫(川崎)
2-1 60分 矢島慎也(G大阪)
2-2 67分 パトリック(PK/G大阪)
3-2 90+6分 小林悠(川崎)

 一覧に戻る


INFO.