Futsal News Soccer News

フットサル日本代表が持つリーグ記録パート2を公表 / Fリーグ

[2021/09/13 Mon]

 10日、日本フットサルリーグ(Fリーグ)は、12日(日)に開幕を迎えるFIFAフットサルワールドカップ リトアニア 2021に出場するフットサル日本代表の応援企画として、フットサル日本代表メンバーが持つFリーグ記録パート2を公式サイトに掲載した。

 今回は"GK通算出場数ランキング"となっている。リーグ通算300試合以上に出場しているGKは過去に3人だけで、そのうち2人が今回のW杯メンバーとなっている。同ランキング1位は、2012年タイ大会のメンバーである藤原潤(バルドラール浦安)で378試合。そして、2位334試合の関口優志(名古屋オーシャンズ)、3位307位のピレス・イゴール(ペスカドーラ町田)が続いている。

----------
■GK通算出場数ランキング ※所属チームは現在または最終のもの
378試合 藤原 潤(バルドラール浦安)/15得点
334試合 関口 優志(名古屋オーシャンズ)/13得点
307試合 ピレス イゴール(ペスカドーラ町田)/20得点
288試合 田中 俊則(立川・府中アスレティックFC)/6得点 ※FPでの出場(1試合)を含む
286試合 村山 竜三(バサジィ大分)/1得点

 一覧に戻る


INFO.