Futsal News Soccer News

名古屋がFC東京を下し先勝、浦和は逃げ切れずC大阪とドロー / ルヴァン杯

[2021/10/07 Thu]

 6日、JリーグYBCルヴァンカップ プライムステージ準決勝 第1戦が行われた。

 名古屋グランパスは、ホームでFC東京と対戦した。17分、相手のミスを突き、MF柿谷曜一朗のゴールで名古屋が先制して前半を終える。さらに、名古屋の1点リードで迎えた69分、DF木本恭生のゴールでリードを2点に広げた。後半アディショナルタイム、FC東京が1点を返すもその直後にFWマテウスが決め返して試合終了。3-1と先勝を飾って第2戦のアウェーに乗り込む。

 浦和レッズは、ホームにセレッソ大阪を迎えた。FWキャスパー・ユンカーのゴールで先手を奪ったホームの浦和が前半をリードして終えた。ところが、後半に入ってC大阪もチャンスを創り始めると、FW山田寛人のゴールでとうとう試合を振り出しに戻した。アウェイゴールを許した浦和は、その後攻め続けるもC大阪が耐え抜き、1-1のドローで第1戦を終えた。

 結果は以下の通り。

----------
■結果
名古屋グランパス 3-1 FC東京
セレッソ大阪 1-1 浦和レッズ

 一覧に戻る


INFO.