Futsal News Soccer News

決勝戦はアル・ヒラルvs浦項スティーラース! / ACL2021

[2021/10/21 Thu]

 19日と20日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝が行われた。

 準決勝は、西地区がアル・ナスルとアル・ヒラルのサウジアラビア対決、東地区が蔚山現代と浦項スティーラースの韓国対決となった。

 まずは西地区から。自陣からパスをつなぎ、右サイドに展開したアル・ヒラルが、最後はFWムサ・マレガのゴールで先手を奪った。さらに、前半終了間際にアル・ナスルが退場者を出してアル・ヒラルは数的有利を手に入れた。ところが、後半立ち上がりにアル・ナスルが追い付き、試合を振り出しに戻した。それでも数的有利のアドバンテージを生かし、72分にアル・ヒラルが再びリードを奪うと、そのまま2-1で試合終了。アル・ヒラルが決勝戦へ切符を手にした。

 続いて東地区。スコアを先に動かしたのは蔚山現代だった。スコアレスで迎えた52分、左サイドを崩すと、最後はFWユン・イルロクがゴールネットを揺らした。しかしながら直後に、蔚山現代はキャプテンMFウォン・ドゥジェが危険なスライディングタックル(著しく不正なファウルプレー)による退場処分となり、数的不利に陥った。その後蔚山現代は、1点を懸命に守り続けたが、失点したものの人数でアドバンテージを手に入れた浦項が試合終了間際の89分、セットプレーから起死回生の同点ゴールを決める。そして、そのまま延長戦に突入すると、延長戦では決着がつかず、勝負の行方はPK方式に。先攻の蔚山現代は、一人目が上に外してしまった一方で、浦項は5人目まで全員が成功させて勝負あり。浦項スティーラースが決勝戦進出を決めた。

 決勝戦は、ともにアジアを3度制した経験を持つ、アル・ヒラル(サウジアラビア)と浦項スティーラース(韓国)の対戦で、11月23日(火)に西地区で行なわれる予定となっている。

----------
■結果
・西地区
 アル・ナスル(サウジアラビア/グループD 1位) 1-2 アル・ヒラル(サウジアラビア/グループA 2位)
・東地区
 蔚山現代(韓国/グループF 1位) 1(PK4-5)1 浦項スティーラース(韓国/グループG 2位)

----------
■AFCチャンピオンズリーグ(ACL) 決勝戦
日程:11月23日(火) ※西地区での開催予定
対戦カード:アル・ヒラル(サウジアラビア/グループA 2位) vs 浦項スティーラース(韓国/グループG 2位)

 一覧に戻る


INFO.