Futsal News Soccer News

バルセロナとボカ・ジュニアーズが"マラドーナ・カップ"の開催を発表!

[2021/10/26 Tue]

 25日、バルセロナ(スペイン/ラ・リーガ)は、アルゼンチンの英雄ディエゴ・マラドーナ氏が逝去してから1年を迎えることを受け、ボカ・ジュニアーズと記念試合を行うことを発表した。

 世界的な名プレーヤーであるマラドーナ氏は、"神"と呼ばれる実力と世の中を騒がせる"トラブルメーカー"の両面を併せ持つレジェンドだったが、2020年11月25日に60歳の若さでこの世を去った。

 そして、現役時代の所属クラブであるバルセロナは、クラブ公式サイトで、「没後1年を迎えた偉大なフットボーラーをしのぶもの」として、同じく現役時代の所属クラブであるボカ・ジュニアーズ(アルゼンチン)との記念試合を行うことを発表した。試合は"マラドーナ・カップ"と名付けられ、2021年12月14日(火)にサウジアラビアの首都リヤドで開催されるという。

 マラドーナ氏は、1976年(当時15歳)でアルヘンティノス・ジュニオルス(アルゼンチン)でトップデビューを飾ると、1977年2月には16歳でアルゼンチン代表デビューを果たした。そして、1981年にボカ・ジュニアーズへ移籍すると、その翌年にはバルセロナに加入。その後、ナポリ(イタリア/セリエA)やセビージャ(スペイン/ラ・リーガ)、ニューウェルズ・オールドボーイズ(アルゼンチン)を経てボカ・ジュニアーズに復帰した。引退後はアルゼンチン代表やラシン・クラブ(アルゼンチン)などで指導していた。

 一覧に戻る


INFO.