Futsal News Soccer News

開幕節は全試合1点差以内の拮抗した展開 / アフリカネーションズカップ

[2022/01/13 Thu]

 9日から12日、アフリカネーションズカップ グループステージ第1節が行われた。

 カメルーンで行われている今大会、ホスト国カメルーン代表はブルキナファソ代表と対戦し、2-1で競り勝ってオープニングゲームを白星で飾った。

 また、チュニジア代表対マリ代表の一戦で、主審が2度に渡って90分が経過する前に試合終了のホイッスルを鳴らすという事象が発生した。スコアレスで迎えた48分にマリ代表が先制すると、その後77分にチュニジア代表がPKを獲得するも決められず、0-1のまま進んだ。すると85分、主審によって試合終了のホイッスルが鳴らされた。1点ビハインドのチュニジア代表が猛抗議すると、試合は再開される。しかし、試合の中断を含め、VARの介入やPK、退場者など様々な出来事があったにもかかわらず、アディショナルタイムがないどころか89分47秒に再びタイムアップの笛が鳴った。もちろん納得のいかないチュニジア代表は再び猛抗議するも、試合は再開されなかった。そして、試合後の記者会見中に2度目の再開が決定したが、チュニジア代表はプレーを拒否したのかピッチに姿を見せないまま試合終了。マリ代表の0-1での勝利が決定した。この試合のレフェリーは、ロシアW杯(2018年大会)で日本対ポーランドなどで笛を吹いた経験を持つザンビア人だった。

 今節の結果は以下の通り。

----------
■結果
[グループA]
 カメルーン代表 2-1 ブルキナファソ代表
 エチオピア代表 0-1 カーボベルデ代表
[グループB]
 セネガル代表 1-0 ジンバブエ代表
 ギニア代表 1-0 マラウイ代表
[グループC]
 モロッコ代表 1-0 ガーナ代表
 ガボン代表 1-0 コモロ代表
[グループD]
 ナイジェリア代表 1-0 エジプト代表
 スーダン代表 0-0 ギニアビサウ代表
[グループE]
 アルジェリア代表 0-0 シエラレオネ代表
 赤道ギニア代表 0-1 コートジボワール代表
[グループF]
 チュニジア代表 0-1 マリ代表
 モーリタニア代表 0-1 ガンビア代表

 一覧に戻る


INFO.