Futsal News Soccer News

レアル・マドリードが前回王者ビルバオを下し、2年ぶり12度目の優勝! / スーペルコパ

[2022/01/18 Tue]

 16日、スーペルコパ・デ・エスパーニャ 決勝戦が行われ、レアル・マドリードとアスレティック・ビルバオが対戦した。

 一進一退の膠着状態が続いた38分、右サイドから中央にFWロドリゴが切り込むと、ペナルティエリア内からMFルカ・モドリッチにマイナスのパスを送る。これをモドリッチがワンタッチで右足を振り抜くと、ボールはゴール右に収まり、レアル・マドリードが先制した。そして、そのままハーフタイムを迎えた。

 前半の勢いが残るレアル・マドリードは、52分に再びスコアが動かした。FWカリム・ベンゼマのミドルシュートがビルバオDFの腕に当たり、VAR介入の結果、最終的にハンドリング(ファウル)の判定でレアル・マドリードにPKが与えられた。これをベンゼマがきっちりと決めてレアル・マドリードのリードが2点となった。前回王者ビルバオは追いかける苦しい展開を中々打破できず、時計の針だけが進んだ。そして、87分にDFミリトンがレッドカードにより退場して得た、PKというビッグチャンスも、GKティボー・クルトワに阻まれてしまう。その後も数的優位の中攻め続けるもスコアは動かせず試合終了。

 2-0で勝利を収めたレアル・マドリードが、2年ぶり12度目の12度目のスーペルコパ制覇を果たした。

----------
【スコア】
レアル・マドリード 2-0 アスレティック・ビルバオ

【得点者】
1-0 38分 ルカ・モドリッチ(レアル・マドリード)
2-0 52分 カリム・ベンゼマ(レアル・マドリード)

 一覧に戻る


INFO.