Futsal News Soccer News

フットサル日本代表は香港を下して白星発進 / AFCフットサルアジア杯

[2022/05/19 Thu]

 17日、AFCフットサルアジアカップ クウェート 2022 東地区予選がPANASONIC SPORTS COMPLEX(シャーアラム/マレーシア)で開幕した。

 木暮賢一郎監督となって初の公式戦に臨むフットサル日本代表は、18日の第2節(対フットサル香港代表)が大会初戦となった。開始早々の1分に失点を喫して嫌な滑り出しとなるも、直後の2分にFP最年長のクレパウジ・ヴィニシウスが決めてスコアを振り出しに戻した。すると今度は、20歳のFP金澤空が逆転ゴールを奪い、ベテランと若手の融合が見事に発揮される。その後も随所で力の差を魅せつけてゴールを重ね、2-11と大量得点を奪って試合終了。4連戦の大事な初戦を白星で飾った。

 なお、本大会にはリーグ戦の上位3チームが出場する。

----------
【スコア】フットサル香港代表 2-11 フットサル日本代表
【得点者】
 1分 1-0 LEE HO WO(香港)
 2分 1-1 クレパウジ・ヴィニシウス(日本)
 3分 1-2 金澤空(日本)
 6分 1-3 内田隼太(日本)
 12分 1-4 上村充哉(日本)
 20分 1-5 吉川智貴(日本)
 24分 1-6 上村充哉(日本)
 28分 1-7 オリベイラ・アルトゥール(日本)
 28分 1-8 クレパウジ・ヴィニシウス(日本)
 30分 1-9 クレパウジ・ヴィニシウス(日本)
 31分 1-10 堤優太(日本)
 37分 2-10 CHOW KA LOK LEO(香港)
 40分 1-11 毛利元亮(日本)

----------
■フットサル日本代表メンバー
▽スタッフ
 監督 木暮 賢一郎/コグレ ケンイチロウ(JFAナショナルコーチングスタッフ)
 コーチ 高橋 健介/タカハシ ケンスケ(JFAナショナルコーチングスタッフ)
 コーチ 須賀 雄大/スガ タケヒロ(JFAナショナルコーチングスタッフ)
 GKコーチ 内山 慶太郎/ウチヤマ ケイタロウ(JFAナショナルコーチングスタッフ)
 フィジカルコーチ 馬場 源徳/ババ モトノリ(JFAナショナルコーチングスタッフ)
▽選手
・GK
 1 高見 政顕/タカミ マサタカ(シュライカー大阪)
 2 黒本 ギレルメ/クロモト ギレルメ(立川アスレティックFC)
・FP
[FIXO]
 5 オリベイラ アルトゥール(名古屋オーシャンズ)
 14 上村 充哉/ウエムラ アツヤ(立川アスレティックFC)
[ALA]
 3 内田 隼太/ウチダ シュンタ(ブレラFS/スペイン)
 4 加藤 未渚実/カトウ ミナミ(シュライカー大阪) ※追加招集
 6 吉川 智貴/ヨシカワ トモキ(名古屋オーシャンズ)
 7 金澤 空/カナザワ ソラ(立川アスレティックFC)
 8 堤 優太/ツツミ ユウタ(Y.S.C.C.横浜)
 10 クレパウジ ヴィニシウス(ペスカドーラ町田)
 12 原田 快/ハラダ ココロ(ペスカドーラ町田)
[PIVO]
 9 平田 ネトアントニオマサノリ/ヒラタ ネトアントニオマサノリ(名古屋オーシャンズ)
 11 本石 猛裕/モトイシ タケヒロ(バサジィ大分)
 13 毛利 元亮/モウリ ゲンスケ(ペスカドーラ町田)

----------
■AFCフットサルアジアカップ クウェート 2022 東地区予選
期間:2022年5月17日(火)〜21日(土)
会場:シャーアラム(マレーシア)/Kompleks Sukan Shah Alam
▽マッチスケジュール:
 19日(木) vs フットサルモンゴル代表
 20日(金) vs フットサル韓国代表
 21日(土) vs フットサルチャイニーズ・タイペイ代表
▽順位表
 1位 韓国(勝点6/得失点差+8/試合数2)
 2位 日本(勝点3/得失点差+9/試合数1)
 3位 モンゴル(勝点1/得失点差-6/試合数2)
 ===== 本大会出場 =====
 4位 香港(勝点1/得失点差-9/試合数2)
 5位 チャイニーズ・タイペイ(勝点0/得失点差-2/試合数1)

 一覧に戻る


INFO.