Futsal News Soccer News

横浜FMが逆転勝利で首位キープ! / J1リーグ

[2022/06/20 Mon]

 18日、明治安田生命J1リーグ第17節が行われた。

 FIFA国際Aマッチデーによる中断期間を首位で迎えた横浜F・マリノスは、アウェイに乗り込みガンバ大阪と対戦した。開始早々の7分、ミスを見逃さなかったG大阪が先制したものの、徐々に横浜FMが流れを掴み始めると、56分にFW西村拓真のゴールでスコアを振り出しに戻した。さらに61分、MF水沼宏太が逆転ゴールを決めて、横浜FMが2-1と逆転勝利を収め、首位をキープした。

 9戦未勝利の浦和レッズは、ホームに名古屋グランパスを迎えた。21分、CKからDFアレクサンダー・ショルツのヘディングシュートが決まり、浦和が先手を奪うと、直後の23分にもCKの流れからMF伊藤敦樹が押し込み、リードを広げた。さらに36分、その伊藤とのワンツーから抜け出したMF関根貴大がゴールネットを揺らして前半だけで3点を奪った。後半も名古屋に反撃を許さなかった浦和が、3-0で完封勝利を収め、リーグ戦10試合ぶりの白星を手にしてあ。また、この勝利で、ついにJ1リーグ通算450勝目とJ1リーグホーム通算250勝目を達成した。一方、名古屋は今季初の連敗を喫している。

 今節の結果、順位表および次節の対戦カードは以下の通り。

----------
■結果
鹿島アントラーズ 1-0 京都サンガF.C.
湘南ベルマーレ 2-0 FC東京
清水エスパルス 3-1 アビスパ福岡
ジュビロ磐田 3-1 サガン鳥栖
浦和レッズ 3-0 名古屋グランパス
柏レイソル 3-1 ヴィッセル神戸
川崎フロンターレ 5-2 北海道コンサドーレ札幌
ガンバ大阪 1-2 横浜F・マリノス
サンフレッチェ広島 2-1 セレッソ大阪

----------
■順位表
1位 横浜FM(勝点34/得失点差+14)
2位 鹿島(勝点33/得失点差+7)
== AFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場 ==
3位 川崎F(勝点33/得失点差+6)
======  ACL プレーオフ出場  ======
4位 柏(勝点30/得失点差+10)
5位 広島(勝点27/得失点差+7) ※1試合未消化
6位 C大阪(勝点26/得失点差+6)
7位 FC東京(勝点25/得失点差+2)
8位 鳥栖(勝点24/得失点差+3)
9位 京都(勝点20/得失点差-3)
10位 名古屋(勝点20/得失点差-5)
11位 札幌(勝点20/得失点差-14)
12位 福岡(勝点19/得失点差-1)
13位 浦和(勝点18/得失点差+2)
14位 磐田(勝点18/得失点差-5)
15位 G大阪(勝点17/得失点差-4) ※1試合未消化
====== J1参入プレーオフ出場 ======
16位 清水(勝点16/得失点差-7)
========  J2自動降格  ========
17位 湘南(勝点16/得失点差-8)
18位 神戸(勝点11/得失点差-10)

----------
■第18節 対戦カード
▽25日(土)
 16:00 横浜FM vs 柏
 18:30 福岡 vs 広島
 19:00 川崎F vs 磐田
▽26日(日)
 14:00 札幌 vs G大阪
 18:00 名古屋 vs 鹿島
 18:00 C大阪 vs 清水
 18:00 神戸 vs 浦和
 18:30 京都 vs 湘南
 19:00 鳥栖 vs FC東京

 一覧に戻る


INFO.