Futsal News Soccer News

出場国拡大でアジア枠は4.5から8.5へ / FWC

[2022/08/02 Tue]

 1日、アジアサッカー連盟(AFC)は、FIFAワールドカップ2026 のアジア予選に関する新フォーマットを発表した。

 2026年大会はカナダ・アメリカ・メキシコの3カ国による共同開催となり、従来の32カ国から48カ国へと出場国数が増加する。これに伴い、各大陸からの出場チーム数も変更され、これまでは予選から本大会へストレートインする「4」チームと大陸間プレーオフに参加する「1」となっていたが、新フォーマットではストレートインが「8」と大陸間プレーオフ参加が「1」となった。

----------
■FIFAワールドカップ アジア予選 新フォーマット
1.アジア1次予選:アジアにおけるFIFAランキング26〜47位の22カ国を対象とした抽選を行い、ホーム&アウェイ(H&A)方式で対戦。勝利した11カ国がアジア2次予選に進出する。
2.アジア2次予選:アジアにおけるFIFAランキング1位〜25位までの25カ国とアジア1次予選の勝者11カ国(計36カ国)を4チームずつ9グループに分けて、H&A方式の総当たり戦を行う。各グループの上位2カ国(計18カ国)がアジア最終予選に進出する。
3.アジア最終予選:アジア2次予選を勝ち抜いた18カ国を6チームずつ3グループに分けて、H&A方式の総当たり戦を行う。各グループの上位2カ国(計6カ国)が本大会出場権を獲得する。
 ※アジア最終予選に進出した18カ国は、AFCアジアカップ2027出場権も獲得する。
4.アジア・プレーオフ:アジア最終予選の各グループ3位・4位の6カ国を3チームずつ2グループに分けて、総当たり戦を行う。各グループ1位(計2カ国)が本大会出場権を獲得する。また、各グループ2位が対戦し、その勝者が大陸間プレーオフに出場する。

----------
■AFCアジアカップ2027予選
・プレーオフ:アジア1次予選の敗者10カ国が抽選を行い、H&A方式で対戦。勝者5カ国がAFCアジアカップ予選・ファイナルラウンドに進出
・ファイナルラウンド:アジア2次予選の各グループ3位・4位、AFCアジアカップ予選プレーオフの勝者、そしてFIFAワールドカップ アジア1次予選 敗者復活戦の勝者の計24カ国を4チームずつ6グループに分けて、総当たり戦を行う。各グループ1位(計6カ国)が本大会出場権を獲得する。

 一覧に戻る


INFO.