Futsal News Soccer News

準々決勝第1戦でGKがFPで出場、福岡・広島が先勝 / ルヴァン杯

[2022/08/04 Thu]

 3日、JリーグYBCルヴァンカップ プライムステージ準々決勝 第1戦が行われた。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、各チームがスタッフやメンバー構成、に頭を抱える中、4試合とも何とか開催された。

 小菊昭雄監督を欠くセレッソ大阪は、ホームに川崎フロンターレを迎えた。川崎Fもベンチメンバーは7人と直近のリーグ戦からFP2名が増えたものの7名中3名はGKという台所事情は変わらなかった。試合は、33分、MF脇坂泰斗の華麗なターンからの左足シュートがゴールネットを揺らして川崎Fが先制して前半を終えた。声援が戻ったホームでサポーターへ何とか勝利を届けたいC大阪は、試合終盤の89分、アーリークロスに抜け出したFWアダム・タガートが合わせてスコアをタイに戻して1-1で終了を迎えた。

 選手やスタッフの計9名から陽性反応が確認されたアビスパ福岡は、試合エントリー下限人数を満たしたためアウェイでヴィッセル神戸との対戦に臨んだ。福岡のベンチ入りメンバーは4名で、そのうち2名はGKだった。交代を避けたい福岡はディフェンシブに試合を進めると、40分、ペナルティーエリア(PA)手前からFWジョン・マリの右足から放たれた強烈な一撃で福岡が先手を取った。さらに、後半に入った55分、今度はFWルキアンのコントロールショットで福岡がリードを広げる。すると、後半アディショナルタイム4分、GK登録の山ノ井拓己がFPで登場した。その直後、FW大迫勇也が決めて神戸が1点を返すも1-2で試合終了。少数精鋭で戦った福岡が2つのアウェイゴールを手にして先勝した。

 結果は以下の通り。なお、第2戦は10日(水)に行われる予定。

----------
■結果
セレッソ大阪 1-1 川崎フロンターレ
サンフレッチェ広島 3-1 横浜F・マリノス
ヴィッセル神戸 1-2 アビスパ福岡
名古屋グランパス 1-1 浦和レッズ

 一覧に戻る


INFO.