Futsal News Soccer News

Jリーグ王者ヴィッセル神戸がPK戦の末にインテル・マイアミに勝利!

[2024/02/08 Thu]

 7日(水)、プレシーズンマッチ"Inter Miami in Tokyo 2024"が国立競技場(東京都)で行われ、インテル・マイアミとヴィッセル神戸(J1)が対戦した。

 FWリオネル・メッシがベンチスタートとなったインテル・マイアミに対して、神戸が先に決定機を創り出すもゴールポストにヒットして先制ゴールには至らなかった。その直後、インテル・マイアミにアクシデントが起こる。FW大迫勇也と接触したMFセルヒオ・ブスケツがピッチにうずくまると、そのままプレーに戻ることなく交代を余儀なくされた。その後、スローテンポの試合が続くと、お互いにフィニッシュを決められないまま0-0で前半を終えた。

 スコアレスで迎えた60分、ようやくメッシが交代でピッチに登場すると、会場は大歓声に包まれた。そして、ここまで動きに精彩を欠いていたインテル・マイアミだったが、メッシの投入により一気にリズムが出て、テンポ良い攻撃が繰り出される。流れが一気にインテル・マイアミに傾いたが、神戸もJリーグ王者の意地を魅せてその攻撃を跳ね返しながら反撃を試みる。しかし、後半もお互いにゴールネットを揺らすことができず、スコアレスドローで90分を終えた。

 レギュレーションにより、延長戦を行わずPK戦が行われると、後半からゴールを守ったGK新井章太が素晴らしいセーブを魅せる。お互いに2人が成功して迎えた3人目、先攻の神戸が失敗するとインテル・マイアミはきっちりと決めてリードを奪う。しかし、インテル・マイアミ4人目を新井がストップして、タイに戻す。さらに、神戸5人目が失敗して再び追い込まれた状況でも新井が仕事をして、3-3でサドンデスに突入する。そして、神戸は6人目がしっかりと決めると、新井が3連続ストップという神がかり的な活躍を魅せて勝負あり。

 いよいよ始まる2024シーズンに向けて、17日(土)にFUJIFILM SUPER CUP 2024が行われ、J1王者ヴィッセル神戸と天皇杯王者川崎フロンターレが激突する。

----------
【スコア】インテル・マイアミ 0(PK3-4)0 ヴィッセル神戸

 一覧に戻る


INFO.