Futsal News Soccer News

トルコ代表&オランダ代表が4大会ぶりのベスト8進出 / EURO2024

[2024/07/03 Wed]

 2日(火)、EURO2024 ノックアウトステージ1回戦(ラウンド16)が行われた。

 グループD3位でギリギリノックアウトステージに滑り込んだオランダ代表は、全チームが勝点4で並ぶ史上初の大混戦となったグループFを首位で通過したルーマニア代表と対戦した。20分、左サイドでパスを受けたFWコーディ・ガクポがカットインから思い切りよく右足でニアサイドを打ち抜き、オランダが幸先よく先手を奪った。その後、主導権を握るオランダだったが、中々追加点を奪えないもののルーマニアに大きなチャンスを与えず、1点差のまま終盤に差し掛かった。すると83分、左サイドからの折り返しをFWドニエル・マレンがダイレクトで押し込み、オランダが勝利を大きく手繰り寄せる待望の追加点を挙げた。さらに、後半アディショナルタイム3分、前のめりにならざるを得ないルーマニアに対して、カウンターからマレンが決めて勝負あり。0-3でオランダ代表が4大会ぶりとなるベスト8へコマを進めた。

 オーストリア代表とトルコ代表の一戦は、開始早々にスコアが動いた。キックオフ直後にトルコが右CKを得ると、こぼれ球をDFメリフ・デミラルが押し込んだ。先手を奪ったトルコだったが、その後はオーストリアが主導権を握る展開となる。一進一退の攻防となるとトルコの1点リードのまま前半を終えた。後半も大きく試合の展開は変わらず、膠着状態が続くも、59分、またもや右CKから今度はニアサイドでデミラルが合わせて貴重な追加点をトルコが決めた。追い詰められたオーストリアはギアを上げて猛攻を仕掛ける。すると、66分、右CKをニアサイドですらすとファーサイドでフリーになっていたミハエル・グレゴリチュがダイレクトで合わせて反撃の狼煙を上げた。さらに、オーストリアの猛攻は続き、トルコが耐える時間となるも、GKメルト・ギュノクを中心にトルコDF陣が踏ん張り、1-2で試合終了。トルコが、4大会ぶり3度目となる準々決勝進出を手にした。

 ラウンド16の結果と準々決勝の対戦カードは以下の通り。

----------
■EURO2024
期間:2024年6月14日(金)〜7月14日(日)
場所:ドイツ
ラウンド16:
▽結果
 スイス(グループA2位) 2-0 イタリア(グループB2位)
 ドイツ(グループA1位) 2-0 デンマーク(グループC2位)
 イングランド(グループC1位) 2-1 スロバキア(グループE3位)
 スペイン(グループB1位) 4-1 ジョージア(グループF3位)
 フランス(グループD2位) 1-0 ベルギー(グループE2位)
 ポルトガル(グループF1位) 0(PK3-0)0 スロベニア(グループC3位)
 ルーマニア(グループE1位) 0-3 オランダ(グループD3位)
 オーストリア(グループD1位) 1-2 トルコ(グループF2位)
▽今後の対戦カード
・5日(金)
 スペイン vs ドイツ
 ポルトガル vs フランス
・6日(土)
 イングランド vs スイス
 オランダ vs トルコ

 一覧に戻る


INFO.