Eパス&コントロール4

今回のテーマは『パス&コントロール4』で、数的同数(3vs3)のトレーニングです。

前回までのトレーニングでは、数的有利な状況でのトレーニングでしたが、数的同数になったことで、
より早く 認知、決断、実行 のサイクルが必要になってきます。

3人1組の2グループでボールを3球用意してください。
18m×18mのグリッド内でオフェンス側は足元でディフェンスにボールを奪われないようにポゼッションします。ディフェンス側は、3人のうち2人がボールをドリブルしつつ守備を行います。ディフェンス間でのパス交換はOKです。ディフェンスはオフェンスのボールを奪ったら保持していたボールを離してオフェンスと交代します。ボールを奪われたオフェンスは、ディフェンスが離した2球のボールを取り、2人がドリブルをしながら、相手のボールを奪いに行きます。

ポイントは、1. オフェンス側はボールを奪われないようにしっかりと保持することを意識して、オンザボールの人も、オフザボールの人もコミュニケーションを取りながら行うことです。オンザボールの人はドリブルやパスの質(方向やスピードなど)をしっかり行い、オフザボールの人はフェイクを入れながらサポート(パスラインを作る、クロスするなど)や、ファーストタッチの質(その場なのか前後左右の方向付け)をしっかり行ってください。ディフェンス側は、3人のうち2人がドリブルしながらなので、負荷がかかっていることを把握して、状況判断をしてください。2. ディフェンス側は、チャレンジ&カバーで、1stディフェンダーはボールを保持していない人が行うため、ボールを保持している人がチャレンジするときは、判断を早くしてディフェンス間でのパスを行ってください。

カバーの人は、予測しながら、相手のパスが通れば自分の持っているボールをディフェンス間で素早くパスを行い、チャレンジできるようにしてください。

このトレーニングでは、オフェンスもディフェンスもより早い状況判断が必要となります。
オフェンス側を有利にするのであればディフェンス側のボールを1球減らすか、タッチ数の制限をしてください。

次回はよりゲームに近い状況のパス&コントロールを紹介させて頂きます。

Dパス&コントロール3 へ Fパス&コントロール5 へ
前のページに戻る