Gドリブル1

今回のテーマは『ドリブル1(運ぶ、突破する)』のトレーニングです。

ドリブルには大きく分けて2つあります。

1.運ぶドリブル
ボールを少しずつ前進、後退させたり、左右の横方向や斜めに移動したり、相手に背を向けて遠い方の足でボールをキープするスクリーンの状態で少しずつ動きながらボールを保持するもの。
2.突破のドリブル
前方に大きなスペースがあるときに、そのスペースを活用するためやシュートチャンスに結びつけるためのもの。

今回はシンプルなドリブルのトレーニングを紹介していきます。

2人1組でボールを1球用意してください。
20m×20mのグリッドでスクリーンの状態から1vs1をスタートします。コーチが手を挙げることにより大きく移動することが出来ます。手を下げるとスクリーンの状態に戻ります。5〜6組ぐらいで行うとスペースを活用できます。

このトレーニングのポイントは、ボール保持者はスクリーンでボールと相手の間に自分の身体を入れているとき、腕を上手く使い、手や指先で相手を掴んだり、必要以上に押したり引っ張ったりせず、顔を上げてコーチの方向や他のグループ、スペースを見ながらボールを運び、コーチの手の合図によってボールを大きく動かしてスペースを活用することです。
ボール保持者は、スクリーンやドリブル(運ぶ、突破する)状態でもコーチの方向や周りの状況をしっかりと認知しながら判断して、その中で一番良いと思われる選択肢を選び出し、実行の部分では正確なボールコントロール、ドリブルなどを行うようにしてください。

次回は、少し発展させたトレーニングを紹介させて頂きます。

Fパス&コントロール5 へ Hドリブル2 へ
前のページに戻る