NEWS
| NEWS INDEXへ戻る |

 

ブンデスリーガ、バイエルンが逆転優勝

(ベルリン5月20日)
 ドイツ1部リーグ、ブンデスリーガは20日最終節を行い、バイエルンがブレーメンを3―1で下し、チーム創設100年で16度目のリーグ優勝を飾った。
 前節まで2位のバイエルンだったが、この日首位のレバークーゼンがウンターハヒンクに0―2で敗れ、勝ち点73と並んだ。しかし、得失点差でバイエルンが上回り、劇的な逆転優勝を果 たし、欧州チャンピオンズリーグ出場権を獲得した。
 得点王は19得点のマルティン・マックス(1860ミュンヘン)。
 バイエルンは、Jリーグのセレッソ大阪とも提携しており、今後は、両クラブ間で、運営面 や様々な交流などを積極的に進めていく。