NEWS
| NEWS INDEXへ戻る |

 

故障中のロナウド、復帰のメド立たず、長期休養へ

 先月、故障中の右ひざの手術を受けたブラジル代表ストライカーのロナウド(インテル)が、長期休養のためブラジルの自宅へ戻った。
 ロナウドはブラジルに3、4ヶ月滞在し、物理療法を続ける予定だが、その間、治療と診察のため月に1度はフランスに短期滞在するという。
 医師団は、復帰の時期については、2001年を当面の目標にするなどとしているが、詳細は明らかになっていない。