NEWS
| NEWS INDEXへ戻る |

 

オランダ戦に向け、デンマーク休息

ブルンスム(2000年6月13日)
 本日のオランダ戦に向け、最激戦区のD組に属するデンマークは、メンバーの半数近くが13日をオフに当て英気を養った。
 過去に欧州選手権での優勝経験を持つチームが揃い踏むD組の中で、最弱視されているデンマーク。グループリーグでの敗退が囁かれている中で、あまつさえ初戦のフランス戦を0―3で落としてしまった。
 代表チームのスポークスマン、ラルス・ベレントは言う。「10人の選手が練習を取り止めた。彼らはコメントを残し、休息を取っている」 デンマーク代表には現在2人のケガ人がいる。1人はスイーパーのイェス・ヒョイ(チェルシー)で、アキレス腱を傷め戦列を離れており、大会中の復帰が望まれる。もう1人は、足部の筋肉を負傷しているDFトーマス・ヘルベグ(ACミラン)。
 両選手ともオランダ戦に間に合うかどうか定かではないが、ヘルベグのケガはそれほど重傷ではないと思われる。

Article contributed by internetsoccer.com


internet soccer