NEWS
| NEWS INDEXへ戻る |

 

キリンカップ 日本、ボリビアに快勝! トルシエ続投へ

 18日、日本代表・トルシエ監督の去就を判断する最終テスト日として注目されていたキリンカップ・ボリビア戦が横浜国際総合競技場で行われた。日本代表は2−0で快勝、スロバキアとともに優勝を果 たした。

 ボリビア戦では、4月26日の韓国戦以来の先発出場となったFW柳沢が前半7分、34分と2ゴール。一時はスランプ状態だった五輪代表のエース候補が復活の兆しを見せた。
 左サイドからのMF三浦のFKに、ゴール前でフリーとなった柳沢が、ゴール右へ流し込み先制。34分には、敵陣中央で三浦〜森島〜西沢と素早いパスを経由して、ゴール前でボールを受けると、クルリと反転。右足で豪快に2点目を決めた。
 この日、キリン杯を手にしたトルシエ監督に、選手たちは、ペットボトルの水をかけた。トルシエ監督は、まるで勝利のシャワーを浴びたかのように濡れたスーツのまま、選手たちと一緒にスタジアムをウイニングウォーク。
 その一行にサポーターからは「トルシエ・ニッポン、トルシエ・ニッポン」の大コール。スタンドを埋め尽くした65,000人の大合唱が続投支持のコールとなった。

 試合後、6月の4試合の結果が2勝2分け(フランス戦はPK負け)となったことを受けて、協会の強化推進本部は緊急会合を招集。同監督の契約をアジア杯後の10月まで延長することで基本的に合意した模様。場合によっては、2002年まで承認される可能性もある。
 本日、19日には、トルシエ監督と岡野会長の会談が予定されており、去就が決定次第、記者発表される。

横浜国際総合競技場
  >>柳沢(7、34)
2 日本
0 ボリビア
  (前半2―0 観衆:65,073人)
------------------------------------------------


順位  チーム  試合 勝数 分数 負数 得点 失点 勝点
  1  日本    2    1    1   0    3   1    4
  1  スロバキア 2    1    1   0    3   1    4
  3  ボリビア  2    0    0   2    0   4    0

*日本とスロバキアの同時優勝

<日本>

18楢崎正剛、4森岡隆三、3松田直樹(26宮本恒靖 46分)、16中田浩二、
14望月重良、15奥大介、21稲本潤一、17三浦淳宏、(27本山雅志 87分)、
23中村俊輔(15森島寛晃 26分)、13柳沢敦(24久保竜彦 78分)、
19西澤明訓(28高原直泰 46分)