NEWS
| NEWS INDEXへ戻る |

 

EURO2000 第12日 スペイン、オランダが1位 。ベスト8出揃う

 21日、アムステルダムなどで1次リーグC、D組の最終戦4試合を行い、 C組は1位がスペイン、2位がユーゴスラビアとなり、既に8強入りの2チームが決まっていたD組は、1位 がオランダ、2位がフランスとなり、ベスト8が出そろった。
 C組は、引き分けでは1次リーグ敗退の可能性もあったスペインが、2 −3で迎えた後半ロスタイム、メンディエタのPKとアルフォンソの決勝点で逆転勝ちし、2勝1敗の勝ち点6で1位 。2位となったユーゴスラビアは1勝1敗1分けの勝ち点4でノルウェーと並んだが、直接対決で勝っているため8強入りを果 たした。
 D組は既に準々決勝進出を決めているオランダとフランスが対戦。オランダが3−2で逆転勝ちし1位 、2位がフランスとなった。
 準々決勝は、24日に、ポルトガル―トルコ、イタリア―ルーマニア、 25日に、スペイン―フランス、オランダ―ユーゴが顔を合わせる。