NEWS
| NEWS INDEXへ戻る |

 

UEFA「2010年W杯はアフリカで」

ニヨン(2000年7月7日)
 UEFA会長のレナト・ヨハンソンは7日、2010年度ワールドカップのアフリカでの開催を、ヨーロッパが“強く支持”すると語った。
 UEFA理事による会合の後、ヨハンソンは現行のワールドカップ招致プロセスの変革を訴える態度を明らかにし、開催は持ち回りにしてはどうかとの提案を出した。
「現行のシステムによって生じる緊張や分離は無用であって、なくさなければならない」と語ったヨハンソンは、こう付け加えている。
 「2006年大会の招致合戦の経験から、将来的には大会の持ち回り方式を導入する必要があるという確信に至った。この原理に沿って前進して行けるのなら、欧州は2010年大会のアフリカ開催を強く支持する」
 しかし、こうした変革の声が出る一方で、7月6日に下された“2006年大会開催国はドイツ”とのFIFAの決定を、UEFA理事会はすんなりと受け入れている。

Article contributed by internetsoccer.com


internet soccer