NEWS
| NEWS INDEXへ戻る |

 

ベルギー代表ビルモッツがボルドー入り

ベルリン(2000年7月19日)

 ベルギー代表MFのマルク・ビルモッツが、ドイツのシャルケ04からフランスのボルドーへ移籍することになった。  ビルモッツ本人によれば、99年フランスリーグ王者のボルドーと2004年までの契約を結んだとのことだが、移籍金は明らかにしていない。
 ベルギー代表として欧州選手権に出場した31歳のビルモッツは、96年にスタンダード・リエージュ(ベルギー)からシャルケ04へ移籍。97年にはクラブのUEFA杯優勝に貢献した。 「ボルドーへ移るチャンスを逃したくなかった。ゲルゼンキルヘン(シャルケ04の本拠)より、ボルドーのほうが人生の質を高めることができる。それと同時に、素晴らしい時間を過ごしたシャルケを去るのは心が痛む」と、運動量豊富なMFのビルモッツは記者会見で語った。
 ビルモッツのブンデスリーガでの通算成績は、104試合に出場して21得点。サポーターの間で人気者となった彼は、“ミスター1,000ボルト”のニックネームをもらっていた。  クラブを去ることになったビルモッツだが、5月にボルシア・ドルトムントから元ドイツ代表MFアンドレアス・メラーをシャルケが獲得したことと、今回の移籍とは無関係であると主張している。 「わたしがシャルケを去るのは、アンドレアス・メラーが加入したからではない。そんなことを言うのは、自分で何を話しているのか分かってないやつらだ」

Article contributed by internetsoccer.com


internet soccer