NEWS
| NEWS INDEXへ戻る |

 

京都パープルサンガ 望月、平野を獲得

 京都パープルサンガは24日、名古屋グランパスエイトから望月重良(27)、平野孝(26)を獲得したと発表した。
 契約期間は、2000年7月24日から2001年1月31日までで、背番号は、望月が「8」、平野が「35」。
 両選手は、ジョアン・カルロス監督との確執から戦力外とされ、新たな活躍の場を求めて移籍を希望していた。
 また、同じく移籍を求めている大岩剛(28)の移籍先は未定。



<望月重良(もちづき・しげよし)>
1973年7月9日生まれ(27歳)
静岡県出身 178cm・68kg
ポジション:MF

○経歴:
1989-91年  清水商業高等学校(静岡)
1992-95年  筑波大学
1996年から 名古屋グランパスエイト

○出場記録(1996-2000年)
 J1 119試合/16得点
 ナビスコカップ 31試合/6得点
 天皇杯 13試合/2得点

<平野孝(ひらの・たかし)>
1974年7月15日生まれ(26歳)
静岡県出身 180cm・73kg
ポジション:MF

○経歴:
1990-92年  清水商業高等学校(静岡)
1993年から 名古屋グランパスエイト

○出場記録(1993-2000年)
 J1 222試合/43得点
 ナビスコカップ 30試合/11得点
 天皇杯 20試合/4得点