NEWS
| NEWS INDEXへ戻る |

 

週間リバウド7月26日 「普段着のリバウドをリポート」

 控えめな性格のリバウドは、目立つことを嫌う。彼のバルセロナでの生活にもそれがよく表れている。自宅はバルセロナ市外にあるが、F.C.バルセロナのクラブ施設から車で10分とかからない所だ。大都市バルセロナを取り囲む住宅都市の一角にある、広い庭とプール付きの一軒家で、リバウドはプライベートな時間の大部分を過ごしている。家族は5人、妻ロザ、長男リバウディーニョ、長女タミリス、そしてリバウディーニョより少し年上の甥パブロだ。休日になると、リバウド・ファミリーはバルサのホームであるカンプ・ノウに父親の練習を見に出かける。特にリバウディーニョはサッカーが大好きで、よくカンプ・ノウまで試合を観に行く。学校がない日にはスタジアムにいることが多く、バルサ主催のサッカースクールにも通っている。

 リバウドは時間にルーズなところがなく、規則正しい男だ。いつも朝10時には到着、ルーティン・トレーニングをこなす。練習が終わるとすぐ、人目を避けるようにひっそり裏門から家へ直行する。日々のマスコミの取材攻勢を受けるが、インタビューに答えたり、写真撮影のためポーズをとるようなことはめったにない。リバウドは言う。「マスコミの要求に全部応えていたら、一日中相手をしていなくちゃならないよ」

 練習のない日の午後は、穏やかでのんびりした時間を過ごしている。とはいえ、スポンサーや各種企業から相次いで申し込まれるコマーシャルのための仕事や、サッカー関連のビジネスのために貴重な時間を割かれることも多い。リバウドと長男リバウディーニョは、スペイン某メーカーのココアのCMに出演したことがある。ファンの間でもなかなかの評判を取る出来で、これ以来、リバウディーニョはスペインで最も有名な子供の一人になった。

  最大の趣味は車で、愛車の中にはフェラーリもある。たまにこのフェラーリでカンプ・ノウにやって来ることもあるが、めったにあることではなく、普段は4駆に乗って自宅から通って来る。
  アットホームな雰囲気を好むリバウドは、親しい友人達と一緒に過ごすことが多い。彼らはリバウドのために、時々内輪だけのパーティを開く。バロンドール賞を受賞した時もそうだった。参加者は本当に親しい人たちだけ、家族を含めても、12人から14人くらいである。一番の親友は、現在ギリシャのオリンピアコスに所属するジオバンニだ。ジオバンニは、用事でバルセロナにやってくる度にリバウドと会う機会を作る。オリンピーク・リヨンのソニー・アンデルソンとも仲がいい。バルサの選手たちとは、特に親密というわけではないが、リバウドはいつもチームメートを尊重し、問題を起こすようなこともない。

 普段は、サッカー以外のスポーツをすることも、特にない。そして、ファミリーをとても大事にしているリバウドは、ブラジルにいる家族にも、まめな連絡を怠たらないのだ。

 

  リバウドのゴールシーン、など満載の「morelia2.com」ではリバウドの来日記念プレゼント実施中!